ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2013年03月28日

本日の小笠原"小笠原ビジターセンター・大神山公園"平日毎日更新中♪

おはようございます。

今日は低気圧が近づいているとのことでちょっとお天気はぐずつき気味。

そんな中、本日入出港するおがさわら丸には470名もの人たちが乗船してくるそうです。
明日からお天気が回復してくれるといいのですが・・・


さて、島でもこの季節は出会いと別れの季節です。
高校生や中学生は内地進学のため、また学校の先生、警察官、官庁関係者はその任期を終え内地へ戻っていきます。


毎回出港のたびに盛大なお見送りがあるのですが、島を出て行く人々を彩ってくれるのが「レイ」です。

島の草花だけを使い編んでいくこの首飾りには、旅立つ人がまた島へ戻ってこれるようにとの気持ちがこもっています。


船に乗ったらこのレイを海へ投げ、レイが島に流れ着いたらまたその人は島にもどってこれるとの言い伝えがあるんです。


島の人はたいていこのレイを編むことができます。


本日の出港ではどんなドラマがまっているのでしょうか・・・・?

レイを飾る花も島で生えているものです。こちらは「イヌシロソケイ」

これが「レイ」の材料の「ティーツリー」の葉っぱです。和名はセンネンボクと言います。ハワイでは神様が宿る神聖な木なんですよ。

ねじりこみながら編んでいきます。 センターの職員も編めるんですよ~

完成です。イヌシロソケイのほかにダールベルグデージーも付けて黄色いアクセントをつけました。

ページの先頭へ戻る