ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

レンジャーブログ

2021年11月26日

小峰公園でチョウ類の調査を行いました

小峰公園には、草地や畑、谷戸田、池、雑木林、杉林などの多様な環境があり、園路を散策すると、吸蜜や産卵のために植物に集まるたくさんのチョウを確認することができます。

今回は、4月~11月の期間に行っているチョウ類モニタリング調査のうち、4月~9月分の結果をまとめました。

◇調査コース

:小峰ビジターセンター → けやき広場 → 冒険広場 → 桜尾根 → 展望広場

→ 園内最高地点 → 里山尾根 → 杉の木広場 → ふれあい広場 → 谷戸田

★小峰公園では、園内に暮らしている生きものの生息状況を把握するため、月に2回レンジャーが巡回調査を行っています。

〇ウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)

〇ウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)

その他には、クロアゲハやアオスジアゲハ、ナガサキアゲハなどが見られ、全9種類のアゲハチョウの確認ができました。

〇キタキチョウ(シロチョウ科)

〇キタキチョウ(シロチョウ科)

その他には、モンシロチョウやスジグロシロチョウなどが見られ、全4種のシロチョウの確認ができました。

〇アカシジミ(シジミチョウ科)

〇アカシジミ(シジミチョウ科)

その他には、ルリシジミやベニシジミ、ゴイシシジミなどが見られ、全9種のシジミチョウの確認ができました。

〇メスグロヒョウモン(タテハチョウ科)

〇メスグロヒョウモン(タテハチョウ科)

その他には、ヒメアカタテハやサカハチチョウ、ミドリヒョウモンなどが見られ、全20種のタテハチョウの確認ができました。

〇アオバセセリ(セセリチョウ科)

〇アオバセセリ(セセリチョウ科)

その他には、ミヤマセセリやオオチャバネセセリなどが見られ、全9種のセセリチョウの確認ができました。

(畑田レンジャー)

ページの先頭へ戻る