ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

レンジャーブログ

2020年10月17日

小峰公園で赤トンボとバッタの調査を行いました

小峰公園には、草地や畑、谷戸田、池、雑木林などの多様な環境があり、多くの昆虫を観察することができます。

公園内に暮らしている生きものの生息状況を把握するため、9月27日にふれあい広場~谷戸田で、ビジターセンターとボランティアスタッフによる赤トンボとバッタの調査を行いました。

◇調査時間
:10:00~12:30
◇調査場所
:ふれあい広場・谷戸田
◇天気
:曇り(雨上がり)

園内の谷戸田からふれあい広場で、手分けして赤トンボとバッタを捕まえました。 雨上がりでしたがトンボの数はとても多く、広場では狙いを定めずに網を振っても捕獲することができました。

一方で、この時期たくさん見られるはずのバッタは少なく、種数も伸びませんでした。 バッタの仲間は、広場にあるエコパッチや田んぼのイネ科植物などで、じっとしている姿を確認できました。

捕まえた虫は、種名を調べた後個体数を記録し、調査終了後に捕まえた場所に放しました。

〇ミヤマアカネ

〇ミヤマアカネ

赤トンボ(アカネ属)は、ミヤマアカネ(13匹)、アキアカネ(13匹)、ナツアカネ(3匹)、コノシメトンボ(2匹)の計4種(全21匹)が確認できました。
※赤トンボ以外では、ウスバキトンボ(18匹)、タカネトンボ(1匹)、シオカラトンボ(1匹)、オオルリボシヤンマ(1匹)

〇ハネナガイナゴ

〇ハネナガイナゴ

バッタ(バッタ科・イナゴ科)は、ショウリョウバッタ(2匹)、ハネナガイナゴ(10匹)、ツチイナゴ(6匹)の計3種(全18匹)
※バッタ(イナゴ含む)以外では、ササキリ(1匹)、クビキリギス(3匹)



(野﨑レンジャー)

ページの先頭へ戻る