ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

自然情報

2019年08月12日

8月の見どころ(12日)①谷戸田、②桜尾根、③展望広場

小峰公園で見られる旬の自然情報を紹介します。

①谷戸田の見どころ『ヘラオモダカ』

①谷戸田の見どころ『ヘラオモダカ』

谷戸田では、ヘラオモダカなどの水生植物が咲き始めました。ヘラオモダカは、浅い池や田んぼなどによく生え、1mほどに伸びることもありますが、花は小さく1cmほどの白い花を枝分かれした茎の先に付けます。葉が、調理の際などによく使われる箆(ヘラ)に似ていることから、ヘラオモダカと名が付いています。(8月12日撮影)

②桜尾根の見どころ『ヒヨドリバナ』

②桜尾根の見どころ『ヒヨドリバナ』

桜尾根では、ヒヨドリバナが咲き始めました。ヒヨドリバナの名の由来は、ヒヨドリが鳴き始める頃に咲くことから来ているそうですが、ヒヨドリは実際には一年中小峰公園で鳴いています。また、アサギマダラの主な吸蜜植物の一つでもあるため、ヒヨドリバナの周りでは、ヒヨドリよりもチョウなどの昆虫が集まっているのをよく見かけます。(8月12日撮影)

③展望広場の見どころ『アカボシゴマダラ』

③展望広場の見どころ『アカボシゴマダラ』

展望広場では、アカボシゴマダラが飛来していました。名の通りゴマダラチョウの仲間で、後翅の縁の鮮やかな赤色が目立つのが特徴です。近年になり中国から持ち込まれたチョウで、園内に食草のエノキがあるため小峰公園でも見かけます。(8月12日撮影)

※園内の動植物の採集はご遠慮いただいております。

ページの先頭へ戻る