参加しよう イベント・講座を探そう

イベント

「満喫しよう!秋の小石川後楽園」

  • 体験・学ぶ
開催日
1.『秋の一日を楽しむ』
平成29年11月3日(金・祝)                      
    
2.『深山紅葉を楽しむ』
平成29年11月18日(土)~12月3日(日)
場所
koishikawa_20170913.jpg

11月3日開催の『秋の一日を楽しむ』から、11月後半より見ごろを迎える見事な紅葉に合わせた
『深山紅葉を楽しむ』まで、都心で深まりゆく秋を堪能できる、小石川後楽園にどうぞお越しください。

1.秋の一日を楽しむ
文化の日に、ワラボッチの一輪挿し作りや野点(のだて)に参加しよう!
11月3日(文化の日)に、黄門様こと徳川光圀公ゆかりの、由緒ある小石川後楽園で、
秋のイベントをお楽しみください。
外国人のお客様のご参加も大歓迎!
ワラボッチのリーフレット(英語)をご用意しています。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。

開催日
平成29年11月3日(金・祝)

①ワラボッチの一輪挿し作り
時間
午前の部 ①10時 ②11時
午後の部 ③13時 ④14時 

場所
丸屋前
※雨天時は団体休憩所

内容
「ワラボッチ(藁ぼっち)」の一輪挿し作りを体験していただけます。

講師
小石川後楽園職員

参加費
50円(入園料別途)

参加方法
各回先着15名(整理券配布)
午前の部は9時より、午後の部は12時より丸屋前の受付にて整理券を配布します。 
 
◆ワラボッチ(藁ぼっち)
防寒と飾りをかねて植物にかぶせる藁囲いです。
冬になると都内数箇所の庭園や公園で取り付けた植物を見ることができます。

※英語のリーフレットをお配りします
We will distribute leaflet of warabotti.

②野点(のだて)
時間
11時~15時頃
(6回開催:午前2回・午後4回)

場所
松原
※雨天時は涵徳亭(かんとくてい)

内容
江戸千家のお点前(てまえ)を楽しみながら、ご賞味ください。

参加費
無料(入園料別途)

参加方法
当日自由参加

定員
各回先着30名

協力
江戸千家(えどせんけ)後藤社中(ごとうしゃちゅう)

※英語対応可
English speaking staff are looking forward to seeing you.

2.深山紅葉(しんざんこうよう)を楽しむ
遠出しなくても、東京都心で楽しめる紅葉の景!
小石川後楽園は、都心にありながらも深山の景を有し、
480本ものモミジが彩る紅葉で定評のある庭園です。
特に、琵琶湖を表現した「大泉水」の周辺や京都嵐山にちなんだ「渡月橋」、
「大堰川(おおいがわ)」の周辺などが紅葉スポットとして人気です。
「深山紅葉を楽しむ」では、この紅葉をさらにお楽しみいただけるよう
様々な催しをご用意いたします。
錦秋に染まる庭園へ、ぜひ足をお運びください。

開催期間
平成29年11月18日(土)~12月3日(日)

①江戸糸あやつり人形
日時
平成29年11月19日(日)
※雨天・強風中止   
11時30分、13時30分(各回約30分)

場所
松原 

内容
指につないだ数本の糸で人形を巧みに操ります。
人形が繊細な動きで舞う姿をご覧ください。

出演
江戸糸あやつり人形遣い 上條充(かみじょうみつる)氏

参加費
無料(入園料別途)

②里神楽(さとかぐら)の公演 『紅葉狩』
日時
平成29年11月23日(木・祝)
※雨天中止
11時30分、13時30分(各回約30分)

場所
松原 

内容
東京藝術大学卒業同大学院在籍の邦楽師石森裕也氏らによる祭囃子の公演。

出演
邦楽師 石森裕也(いしもりゆうや)氏

埼玉県飯能市出身。
幼少の頃より地元の祭囃子に触れ、日本の芸能に興味を示す。
東京藝術大学音楽学部邦楽科邦楽囃子(笛)専攻に入学し、 同大学院修士課程にも入り、
邦楽囃子の研究に努める。
在学中は、長唄等の囃子を学び、長唄の会や日本舞踊の会に出演。
2014年に、【藝大21 第8回「奏楽同企画学内公募」最優秀企画 】に選ばれ、
里神楽や祭囃子などの日本の郷土芸能を中心とした
神楽面舞台『 白頭稲荷祭禮絵巻』を企画し、作・演出する。
NHK大河ドラマ『江』にて笛の演技指導、『黒田官兵衛』 にて楽師として出演。
また、草加カルチャーセンターにて『初めての篠笛』 の講師も務めている。
他に、国指定重要無形民族文化財『秩父神社神楽』、板橋区指定『里神楽・萩原正義社中』、
若手邦楽演奏者の会『互』、 NPO法人・Act.JT『大田楽』等にも所属し、
ジャンル問わず様々な演奏で活動している。

参加費
無料(入園料別途)

③石州流茶会(せきしゅうりょうちゃかい)(英語茶会を含む)
日時
平成29年11月26日(日)
11時・12時・13時・14時・15時 (各回約45分)
※15時の回は英語茶会を開催します。外国人のお客様は、15時の回にご参加ください。

場所
涵徳亭(かんとくてい)

内容
お点前披露をご覧になりながら、お抹茶を味わっていただけます。

参加費
500円(入園料別途)

参加方法
当日先着順受付(各回1時間前より受付)

定員
各回25名(15時の回は15名)

協力
茶道石州流林泉寺派(さどうせきしゅうりゅうりんせんじは) 宗匠江田露心(えだろしん)氏
NPO法人小石川後楽園庭園保存会

※英語対応可
English speaking staff are looking forward to seeing you.

④伝統技能見学会「雪吊り」
日時
平成29年12月3日(日)
※雨天中止
10時・13時(各回約60分)

場所
一つ松、陽石 

内容
雪などによる枝折れ防止のため施し、冬の風物詩ともなっている「雪吊り」の作業を解説付きで披露します。

⑤庭園ガイド
日時
会期中、11月21日(火)、22日(水)、24日(金)を除く毎日
※雨天中止
11時・14時(各回約60分)

集合
シダレザクラ前広場 

内容
庭園ガイドボランティアの案内で、園内散策をお楽しみいただけます。

⑥植木市
日時
期間中の火曜日を除く毎日
※雨天中止
10時~16時 

場所
松原

内容
植木の販売を行います。

⑦水戸の名産品・軽飲食の販売
日時
期間中毎日
※雨天中止
10時~16時

場所
松原及びサービスセンター脇の売店

内容
水戸の名産品や軽飲食の販売を行います。

★小石川後楽園について★
国指定特別史跡・特別名勝。
江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房(よりふさ)が、
江戸の中屋敷の庭として造ったもので、二代藩主の光圀(みつくに)の代に完成した庭園です。
光圀は作庭に際し明の儒学者である朱舜水(しゅしゅんすい)の意見をとり入れ、
中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から
「後楽園」と名づけられました。

【開園時間】
9時~17時(最終入園は16時30分)

【休園日】
12月29日~1月1日

【住所】
文京区後楽1-6-6

【交通】
JR 水道橋駅西口・飯田橋駅下車 東口 徒歩8分
都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅下車 C3出口 徒歩3分
東京メトロ東西線・南北線・有楽町線 飯田橋駅下車 A1出口 徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅下車 1番出口 徒歩8分
※駐車場はございません。

【入園料】
一般 300円  65歳以上 150円 
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※10月1日(日)は「都民の日」で無料

【問い合わせ先】
小石川後楽園サービスセンター
電話:03-3811-3015

【ホームページ】
(公園へ行こう!)http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

koishikawa_map_20170913.jpg

イベント・講座を探そう