ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です

トップ > 参加する > 緑と水の市民カレッジ講座 > 【開催中止】No.16 浜離宮恩賜庭園の推移と特徴

カレッジ講座

【開催中止】No.16 浜離宮恩賜庭園の推移と特徴

  • 座学
  • 江戸・東京の緑文化を学ぶ
開講日
2020年7月11日(土)
10:00~12:00
場所

浜離宮恩賜庭園の造営から今日に至る推移を辿りながら、それぞれの時期の特徴について説明します。万治2年(1959年)、徳川4代将軍家綱の弟・綱重の海手屋敷となり、綱重の子・綱豊が6代将軍家宣となって将軍家の浜御殿となって以降、歴代の将軍に利用されました。明治になると、宮内省所管の迎賓施設となり、戦後は東京都に下賜されました。
※浜離宮恩賜庭園ガイドボランティア養成講座と合同講座

<お知らせとお願い>

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、開催を中止いたします。




詳細情報

講師
千葉大学名誉教授
藤井 英二郎
時間
10:00~12:00
定員
20名
受講料
1,580円
申込期間

申込開始:2020年3月10日(火)午前9時~

・講座実施日の一週間前まで受付いたします。
・定員満了の場合は、キャンセル待ちでの受付をいたします。
・申込期間が過ぎた際のお申込みや、キャンセル待ちのお申込みは事務局へお問い合わせください。