お知らせ

2016年6月 9日

平山城址公園の花々など(6/9版)

平山ヒメコウゾの実.JPG ヒメコウゾ
クワ科コウゾ属の落葉低木。樹皮の繊維は和紙の材料として使われていました。実は甘いですが、食感は決して良いとは言えません。
平山オカトラノオ.JPG オカトラノオ サクラソウ科オカトラノオ属の多年草。ここ平山城址公園でも、お隣の長沼公園と同様に「虎の尾」のような形の花を咲かせようとしています。
平山キブシの実.JPG キブシ
キブシ科キブシ属の落葉低木。4月頃黄色い花を咲かせていましたが、今はそのままの形で実をつけています。実に含まれるタンニンはお歯黒の材料に使われていました。
平山コウゾリナの種.JPG コウゾリナ キク科コウゾリナ属の越年草。5/26版では複数の黄色い花をつけている姿をご紹介しましたが、今はタンポポのような白い綿毛のような種をたくさんつけています。

ページの先頭へ戻る