お知らせ

2016年5月12日

平山城址公園の花々(5/12版)

緑の濃い季節になってきましたね。連休が終わり、初夏を思わせるような日もあります。今回は今を盛りに咲いている花々5種類をご紹介します。ぜひ平山城址公園にいらして、ゆっくりご覧ください。

平山城址公園160508コゴメウツギ004.JPG コゴメウツギ 花は直径45㎜で小さいことから、「小米(こごめ)」の名がついています。白く愛らしい花をたくさんつけています。葉はモミジの葉を長くしたような形のものや、三角の卵型をしているものなど、変異が多いようです。園内各所で見られます。
平山城址公園160508タニウツギ002.JPG タニウツギ

六国台に上がる階段の下で、タニウツギの紅色の花が見頃となっています。葉の付け根に23輪ずつ花をつけています。谷や水が流れているところによく自生していることから、「タニウツギ」とついたようです。

平山城址公園160508マユミ005.JPG マユミ ヤマツツジの小径のマユミが、あまり目立たないのですが、緑白色の花をたくさんつけています。秋に実が赤くなると目立つのですが、春の花もぜひじっくりご覧ください。「真弓(まゆみ)」と書き、弓を作るのに用いられたところから来ています。
平山城址公園160508ツリバナ008.JPG ツリバナ

マユミと花が似ていますよね。同じニシキギ科です。花や果実を吊り下げているので「吊り花(つりばな)」です。展望広場に上がる階段の下にあります。

平山城址公園160508オカタツナミソウ007.JPG オカタツナミソウ

東園のひだまりのデッキ周辺に、オカタツナミソウが咲いています。葛飾北斎の描く波しぶき立浪(たつなみ)に似ていることからこの名がついたようです。仲間の「タツナミソウ」は花の向きが一方向に縦につきますが、オカタツナミソウは茎の上部にまとめて花をつけ、方向もばらつきがあります。薄紫色の花がとてもきれいです。

ページの先頭へ戻る