お知らせ

2016年5月 6日

平山城址公園の休日(5/6版)

ゴールデンウィークに入り、平山城址公園はたくさんの方に来ていただいています。みなさんシートを広げてくつろいだり、散策を楽しまれています。気持ちのよい季節。どうぞごゆっくりお過ごしください。今回ご紹介する白い花3種、覚えていただけると公園散策もより楽しくなると思います!

CIMG2148.JPG ニホンミツバチ活動中!

猿渡の池の側の木に、ニホンミツバチの巣があります。看板にも書いてありますが、人が何もしなければ刺すことはありません。ただ、今は活発に活動しているので、迂回をお願いしています。

CIMG2198.JPG ジシバリ 中央広場口の下の日当たりのいい場所にジシバリの黄色い花が咲いています。茎が横に伸びていき、伸びた茎から葉や根を出し、まるで地面を縛るかのように増えていくので、「地縛り(ジシバリ)」という名前がついたそうです。
CIMG2116.JPG ヤブデマリ

さくらの道を降りてきて、猿渡の池の手前で、ヤブデマリがたくさんの白い花をつけています。大きな花に見えるのは装飾花です。本当の花(両性花)は中の小さなつぶつぶです。

CIMG2184.JPG ミズキ

枝を扇状に広げて、階段状の樹形になっていくのが特徴です。白い花を枝いっぱいにつけています。樹液が多く、水のようにしたたることから、「ミズキ」とついたようです。ヤマツツジの小径などで見られます。

CIMG2206.JPG カマツカ

東園の中央広場口にカマツカがこれも白い花をたくさんつけています。1つずつよく見ると、愛らしい花です。材が固く丈夫で折れにくいので、鎌などの柄に使われたことから「鎌柄(カマツカ)」という名になったそうです。

ページの先頭へ戻る