お知らせ

2016年2月12日

春を待つ平山城址公園(2/12版)

2月に入り、平山城址公園でもウメが咲き始めました!今回はまだまだ冬の景色の園内と、そろそろ春の訪れを感じさせる花をご紹介します。寒い季節ですがぜひ散策にお越しください。なお、写真は2月6日に撮影しました。
平山城址公園160206東園001.JPG ひだまりのデッキ 東園の冬木立の中のひだまりのデッキです。これより下へ下っていくと、森の湿地へと続きます。
平山城址公園160206中央広場周辺006.JPG 展望広場への道 中央広場から展望広場へ向かう道です。ちょっと急な階段が続きます。周りの景色を見ながら、のんびり上がってきてください。
平山城址公園160206アセビ002.JPG アセビのつぼみ 猿渡の池の側のアセビのつぼみが大きくなってきました。つぼみは赤みを帯びていますが、咲くと白色です。アセビは「馬酔木」と書きます。葉や茎に有毒成分をもち、馬が食べると神経が麻痺して、酔ったようにフラフラするところからきています。
平山城址公園160206コブシ006.JPG コブシの花芽 コブシの花芽もだいぶふくらんできました。フワフワの毛で覆われて、なんとも暖かそうです。
平山城址公園160206ウメ005.JPG ウメが咲きました! 西園と東園の境にあるウメの花が咲きました。つぼみもたくさんついており、これから次々と咲いていくことでしょう。とてもいい香りが漂っています。

ページの先頭へ戻る