お知らせ

2019年3月28日

桜ヶ丘公園の生きものたち(3月後半)

1キバナアキギリ.JPG キバナアキギリ 丘陵地ボランティアの皆さんとキバナアキギリ自生地のササ刈り、つる取りの作業を行いました。秋に黄色い花を咲かせるために、犬の顔のような葉っぱを出し始めました。
2ヤハズエンドウ.JPG ヤハズエンドウ 昆虫に花の存在を知らせる旗のような花びらと、手のひらを合わせたような形でおしべとめしべを守る花びらの組み合わせで、ひとつの花を作っているヤハズエンドウ。茎の先端の巻きひげ型の葉で周りの物につかまることができます。
3クロモジ.JPG クロモジ クロモジの芽が開き始め、縦型の芽からは葉っぱが、横向きの丸い芽からはつぼみが顔をのぞかせています。
4イロハモミジ.JPG イロハモミジ イロハモミジの芽も開いて手のひらのような葉が出始めています。

ページの先頭へ戻る