お知らせ

2018年10月18日

桜ヶ丘公園の生き物たち(10月)

1桜ヶ丘公園1810ツリフネソウ.JPG ツリフネソウ 赤い実の道では、ツリフネソウが群落をつくっています。漢字では「釣船草」と書き、船を吊るしたような姿と言われています。ハナバチが集まり、すっぽりと花の中に入って蜜を吸っています。
2桜ヶ丘公園1810キツリフネ.JPG キツリフネ ツリフネソウによく似た形の黄色い花を咲かせたキツリフネ。こちらもツリフネソウの隣で群落をつくっています。今年は例年に比べ、赤い実の道の下流側に花が集まっています。
3桜ヶ丘公園1810ワレモコウ.JPG ワレモコウ とんぼの広場や、わき水の広場の草地では、ワレモコウが花をつけています。花の咲き始めが例年より遅れましたが、たくさんの花をつけてくれました。
4桜ヶ丘公園1810キバナアキギリ002.JPG キバナアキギリ お花見坂の群生地では、キバナアキギリが咲き始めています。こちらも、少し遅れ気味でしたが、無事にたくさんの花を咲かせています。

ページの先頭へ戻る