お知らせ

2018年2月15日

桜ヶ丘公園の動植物情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月上旬の植物たちの冬の姿8種
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月に入って厳しい寒さが続いています。公園内の植物には、一部にはごく早春に開花した花が見られるものの、まだまだ花の種類は少ない状態です。そこで今回は、厳寒の中で冬を過ごす植物たちの冬の姿、具体的にはシモバシラと樹木の冬芽3種、そして野草のロゼットを4種ご紹介いたします。

なお、写真はすべて2月9日に撮影しました。

桜ヶ丘公園180209コブシ連結.jpg 上:シモバシラに付いた氷の結晶 / 下:コブシの冬芽

シモバシラに付いた氷の結晶

厳寒の冬の早朝、シモバシラの枯れた茎に沿って付いた氷柱については12月にご紹介いたしましたが、今回はその茎が枯れ落ちてその根元を飾っている、12月とは全く形の異なっている氷の結晶をご覧に入れます。それは茎が枯れ落ちた後の残骸に、まるで氷でできた花のように咲き誇っています。シモバシラはシソ科の多年草で、関東地方以南の本州~九州に分布する日本固有種です。冬になると写真のような氷の花、または氷柱ができることで知られています。


コブシの冬芽

コブシやシデコブシなどのモクレン科の樹木の小枝の先端に、毛皮に包まれたような冬芽が膨らんできました。花芽は大きく膨らんで毛皮のコートを着たような姿ですが、葉芽は細いままの冬芽で、冬芽に沿って寝た状態の毛に覆われています。コブシはモクレン科の落葉高木で、北海道~九州、朝鮮半島南部に分布しています。なお、北海道のコブシはキタコブシと呼ばれることもあります。
桜ヶ丘公園180209ニワトコ連結.jpg 上:トチノキの冬芽 / 下:ニワトコの冬芽


トチノキの冬芽

トチノキの枝先に付いている冬芽が大きくなっています。この冬芽には濡れたような光沢がありますが、事実にじみ出た粘液に覆われて寒さから冬芽を守っていますので、指で触るとベトベトしています。トチノキはトチノキ科の落葉高木で、日本では東日本を中心に北海道~九州、また国外では中国に分布しています。なお、近縁種でヨーロッパ原産のセイヨウトチノキはフランス語名のマロニエとしてよく知られています。


ニワトコの冬芽

ニワトコの枝先や枝の節目に付いた冬芽が大きく膨らんできています。この丸々とした冬芽は葉と花の両方が入った混芽で、もう間もなく芽吹きます。ニワトコはスイカズラ科の落葉低木で、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島南部と中国に分布しています。ニワトコという和名はミヤツコギという名前が転じたとする説がありますが、これは古来、神事に用いた木幣をニワトコから作ったので、宮仕う木(ミヤツコギ)という名になったとされています。
桜ヶ丘公園180209ブタナ連結.jpg 上:タンポポのロゼット / 下:ブタナのロゼット

タンポポのロゼット

野草の葉は寒さを避けるために、地面にぴったりと葉を伏せて、しかも葉と葉がなるべく重ならないように放射状に葉を伸ばして、暖かな陽光を浴びて冬越しをする姿を取り、その姿がバラの花のようだということで、ロゼットと呼んでいます。タンポポのロゼットはその典型と言われていて、ギザギザとした形の葉を規則的に広げています。春の訪れを予感したか、葉に埋もれるように黄色い花もほころんでいます。


ブタナのロゼット

春の開花シーズンにはタンポポそっくりな黄色の花を細く長い茎の先に咲かせるブタナが、今は地面にぴったりと葉を伏せて、タンポポよりはずんぐりとした葉を伸ばしたロゼットになっています。ブタナはヨーロッパ原産のキク科の多年草で、日本では外来種として各地に分布しています。日本以外にもアメリカ大陸やオーストラリア、ニュージーランドなど、世界中に帰化しています。
桜ヶ丘公園180209メマツヨイグサ連結.jpg 上:ヘラオオバコのロゼット / 下:メマツヨイグサのロゼット

ヘラオオバコのロゼット

ブタナやタンポポのロゼットが見られる日当たりのよい草地で、ヘラオオバコも細長い葉を放射状に伸ばしてロゼットになっています。ヘラオオバコは日本在来のオオバコの近縁種ですが、その葉はより細長い形をしています。ヘラオオバコはヨーロッパ原産のオオバコ科の多年草で、日本には江戸時代末期に侵入して、その後日本全土に広がって野生化しています。また北アメリカをはじめ、世界中にその分布を広げています。


メマツヨイグサのロゼット

遊びの広場の下側の園路の脇の斜面になった草地など、やはり日当たりのよい乾燥した草地には、メマツヨイグサのとても幾何学的な美しい形をしたロゼットが見られます。メマツヨイグサは北アメリカ原産のアカバナ科の越年草で、日本では明治時代に確認された帰化植物です。このメマツヨイグサは姿形が近縁のオオマツヨイグサと似ていますが、花の大きさが小さいことからこの名が付けられました。花は夕方から咲き始めて、朝にはしぼむ一日花です。

ページの先頭へ戻る