お知らせ

2018年1月18日

桜ヶ丘公園の動植物情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月中旬の野草の花5種と木の花3種
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新年を迎えた公園内は厳しい寒さとなり、早朝には連日シモバシラが立っています。このような厳寒の中ですが、公園内の植物たちには春の息吹も少しだけ感じられるようになってきています。そこで今回は春一番に咲き始めた野草の花5種と木の花3種をご紹介いたします。

なお、写真はすべて1月13日に撮影しました。
桜ヶ丘公園18013ヒメオドリコソウ連結.jpg 上:ホトケノザ / 下:ヒメオドリコソウ

ホトケノザ

陽だまりになった暖かな草地の中などで、ホトケノザが赤紫色の小さな花を咲かせ始めています。ホトケノザはシソ科の越年草で、アジアやヨーロッパ、北アフリカなどに広く分布しています。日本でも本州、四国、九州、沖縄の道端などに自生しています。春の七草のひとつに「ほとけのざ」がありますが、これは本種のことではなく、キク科のコオニタビラコのことです。なお、別名のサンガイグサ(三階草)は、茎に輪生した葉が段々になって付くことに由来しています。


ヒメオドリコソウ

東部団地口手前の茶畑の下をよく見ると、ヒメオドリコソウのピンク色の花が小さく開花しています。ヒメオドリコソウはヨーロッパ原産のシソ科の越年草で、北アメリカや東アジアなどにも帰化しています。日本では明治時代中期に移入された外来種で、主に本州を中心に分布しています。しばしばホトケノザといっしょに生えていて、葉や茎も似ていますが、本種の上部の葉は赤っぽく色づくことや葉の先端が尖ること、そして上部の葉も葉柄を持つことで容易に見分けがつきます。
桜ヶ丘公園18013タチツボスミレ連結.jpg 上:オオイヌノフグリ / 下:タチツボスミレ

オオイヌノフグリ

東部団地口手前の草原や遊びの広場の草地などで、オオイヌノフグリが小さな水色の花を咲かせ始めています。オオイヌノフグリはヨーロッパ原産のゴマノハグサ科の越年草で、現在ではアジア、南北アメリカ、オセアニア、アフリカに外来種として定着しています。日本に入ったのは明治初年と推定されていますが、大正時代には全国的にありふれた雑草となっていました。秋に芽を出して、冬に横に広がって育ち、早春に多数の水色の花を咲かせて、春の終わりには枯れてしまいます。


タチツボスミレ

遊びの広場の南向きの斜面で、タチツボスミレが早くも薄紫色の花を咲かせ出しています。タチツボスミレはスミレ科の多年草で、北海道~沖縄、国外では朝鮮半島南部~中国南部にまで広く分布しています。スミレ属の植物は種類が多く、様々なものが各地で見られますが、本種は地上茎のあるスミレの中で最も多く、地上茎の無いスミレで最も多いスミレと共に日本のスミレの代表種となっています。
桜ヶ丘公園18013ソシンロウバイ連結.jpg 上:ムラサキツメクサ / 下:ソシンロウバイ

ムラサキツメクサ

遊びの広場に下る木道の下の草地で、ムラサキツメクサの紅紫色の花が開花し始めています。ムラサキツメクサはマメ科の多年草で、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ原産の植物ですが、現在は世界中に移入されています。日本には、一般にクローバーと呼ばれるシロツメクサと共に牧草として明治以降に移入されたようです。和名ではアカツメクサとも、あるいは赤クローバーとも呼ばれています。


ソシンロウバイ

お花見坂脇のセンダンの木の下で、ソシンロウバイがクリーム色で半透明な花びらが付いた花をたくさん咲かせています。ソシンロウバイは中国原産のロウバイ科の落葉低木で、基本種のロウバイの栽培品種です。ロウバイの花は中心部が暗紫色でその周囲がクリーム色なのに対して、本種は花全体がクリーム色をしています。土壌をあまり選ばないで、かなり日陰のところでもよく育って開花する丈夫な花木です。

桜ヶ丘公園18013ヤブツバキ連結.jpg 上:シナマンサク / 下:ヤブツバキ

シナマンサク

ゆうひの丘頂上の竹林のフェンスの脇や、下段の広場から記念館通りへの出入り口手前などに植えられているシナマンサクが、枯葉の付いた枝先にたくさんの小さな花を咲かせ始めています。シナマンサクは中国原産のマンサク科の落葉低木で、マンサクの仲間の中では最も大きな花を咲かせることから、庭木としてたくさん植えられています。開花期はマンサクよりやや早く、また前年の枯葉を残した状態で花を咲かせるので、花が枯葉の陰に隠れているのも多く見られます。


ヤブツバキ

野草園手前の林縁やお花見坂から杉の辻に向かう園路の脇などで、ヤブツバキが赤い花を開花し始めています。ヤブツバキはツバキ科の常緑低木で、本州の青森県夏泊半島から沖縄までの海岸近くの野山に自生しています。また朝鮮半島西南部や中国からも分布が報告されています。一般的にツバキといえば本種を指していて、多くの園芸品種の基本種となっています。花の色は基本的に赤で、花径5~8cmくらいの筒状の5弁花を咲かせます。

ページの先頭へ戻る