お知らせ

2017年11月 2日

桜ヶ丘公園の動植物情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月末の草花4種と木の実2種、紅葉2種      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月は台風が2度も接近するなど荒れた天気が目立ちましたが、季節は確実に晩秋へと向かっています。今回はこのような天候の中でも、晴れた日に美しく花を咲かせている草花を4種と色づいた木の実2種、そしていよいよ紅葉し始めた樹木を2種ご紹介いたします。

なお、写真はすべて10月31日に撮影しました。
桜ヶ丘公園171031ハキダメギク連結.jpg 上:コセンダングサ / 下:ハキダメギク

コセンダングサ

園路際の荒れ地などで、コセンダングサが筒状花だけで舌状花の無い黄色い花を咲かせています。コセンダングサは北アメリカ原産のキク科の一年草で、現在は世界の暖帯から熱帯にかけて広く分布しています。日本では明治時代に確認された帰化植物で、関東地方以西の河原や荒れ地などに広く野生化して分布しています。また、この植物は環境省による外来生物法により、要注意外来生物に指定されています。


ハキダメギク

公園内の広場や草地の中などで、ハキダメギクが小さな花をたくさん咲かせています。このハキダメギクは夏前から晩秋まで花を咲かせ続ける花期の長い野草でもあります。ハキダメギクはキク科の一年草で、花は多数の黄色い筒状花と、それを取り巻く先端が3つに咲けた白い舌状花からなる、直径5mm程度の小さな頭花です。熱帯アメリカ原産ですが、現在は南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアに移入分布していて、日本には明治時代初期に渡来したと言われています。
桜ヶ丘公園171031アメジストセージ連結.jpg 上:コリウス / 下:アメジストセージ

コリウス

サービスセンターの敷地内やさとやまくらぶ前などに植えられているコリウスが、色とりどりの葉を広げて、その先端にシソの花のような花穂に淡紫色の花を咲かせています。コリウスはシソ科コリウス属の植物の総称で、和名はキンランジソと名付けられています。熱帯アフリカ、熱帯アジア、オーストラリア、東インド諸島、フィリピンに分布していて、園芸品種として種間雑種も作られています。原産地では多年草ですが、日本などの温帯では一年草として扱われています。


アメジストセージ

公園内の花壇やサービスセンターなどに植えられているアメジストセージが、茎の先端ついた長い花穂にたくさんの鮮やかな紅紫色の花を咲かせています。アメジストセージはシソ科の多年草で、中央アメリカやメキシコの針葉樹林帯に分布しています。日本には明治時代の後期に渡来して、アメジストセージ、メキシカンブッシュセージ、メキシカンセージなどの名前で流通しています。日長が短くなると花芽を付ける短日植物で、日本では秋に咲き始めて冬の寒さが来るまで咲き続けます。
桜ヶ丘公園171031サネカズラ連結.jpg 上:マユミの実 / 下:サネカズラの実


マユミの実

ゆうひの丘の眺めの良い斜面の草地に生えているマユミに、ピンク色に色づいた実がたくさん付いています。マユミはニシキギ科の落葉小高木で、日本と中国の林の中に自生しています。果実は枝からぶら下がるようして付き、角ばって4裂した姿をしています。果実の色は品種によってピンク、濃紅色、白といろいろですが、どれも熟すと果皮が4つに割れて、中から真っ赤な種子が4つ現れます。


サネカズラの実

東部団地口近くの竹林の縁に生えているチャノキなどにつるを絡ませて伸び上っているサネカズラの、キイチゴを大きくしたような丸い集合果が赤く色づき始めています。サネカズラはマツブサ科の常緑つる性木本で、関東地方以西の日本~中国南部に分布しています。秋が深まるにつれて、この集合果の果実は個々に落ちて、あとにはやはり真っ赤なふくらんだ花床が残って冬までよく目立ちます。昔、つるから粘液と採って整髪料に使っていたので、ビナンカズラの別名があります。
桜ヶ丘公園171031ケヤキ連結.jpg 上:ドウダンツツジの紅葉 / 下:ケヤキの紅葉

ドウダンツツジの紅葉

東部団地口の外にある公園の飛び地に植えられているドウダンツツジの紅葉が始まり、葉がかなり赤く色づき始めています。ドウダンツツジはツツジ科の落葉低木で、本州、四国、九州の温暖な岩山に生えていますが、自生地は多くはありません。庭木や植え込みとしてごく普通に植えられていて、寒冷地でも耐えるのですが、やはり関東地方以西の温暖な地域に多く植えられています。


ケヤキの紅葉

けやきの丘や百地ヶ丘の園路沿いなどに植えられているケヤキの葉が、オレンジやからし色などに色づきはめています。ケヤキはニレ科の落葉高木で、東アジアの一部と日本の本州、四国、九州に分布しています。温暖な地域では丘陵地から山地、寒冷地では平地まで自生しています。秋の紅葉が美しい樹木ですが、個体によって色が異なっていて、赤や黄色系統の様々な色調に紅葉します。箒を逆さにしたような樹形が美しいので、庭木や公園樹、街路樹などとしてよく植えられています。

ページの先頭へ戻る