お知らせ

2017年5月11日

桜ヶ丘公園の動植物情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月初旬の野草の花6種と木の花2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月に入り、ゴールデンウィークを迎えた桜ヶ丘公園は、お花見の時期に引き続いて来園者の姿が多く見られます。この時期の公園内の草木には初夏の花が次々に開花していきますので、今回はこの中からラン類を中心とした野草の花6種と木の花2種をご紹介いたします。

なお、写真はすべて5月1日に撮影しました。
桜ヶ丘公園170501クゲヌマラ連結.jpg 上:キンラン / 下:クゲヌマラン

キンラン

大松山や富士美の丘など公園内のあちこちの雑木林の中で、キンランが黄金色の花を開花し始めています。キンランはラン科の多年草で、日本、朝鮮半島、中国に分布しています。山や丘陵地の林の中に生える地上性のランで、茎の先に鮮やかに黄色の花を咲かせますが、花は全開しないで半開き状態のままです。以前はよく見られたありふれた和ランのひとつでしたが、1990年ごろから急激に数を減らして、1997年に環境省レッドデータブックに絶滅危惧Ⅱ類として掲載されました。


クゲヌマラン

サービスセンター奥の石垣の上や、そこから続く園路脇などで、クゲヌマランが真っ白の花を咲かせています。クゲヌマランはラン科の多年草で、神奈川県鵠沼の海岸のクロマツ林で発見され、この名が付けられました。また本種は日本固有種でごく珍しいランのため、環境省レッドデータブックに絶滅危惧Ⅱ類として掲載されています。
桜ヶ丘公園170501エビネ連結.jpg 上:ササバギンラン / 下:エビネ

ササバギンラン

キンランが咲いている斜面の草地などで、ササバギンランが葉と茎を伸ばして、茎の先に白い花を咲かせ始めました。ササバギンランはラン科の多年草で、北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国東北部に分布しています。また本種はギンランに似ていますが、ギンランは花の咲く位置が葉より高くなるのに対して、ササバギンランの葉は花と同じか、花よりも高い位置まで伸び、体もギンランよりずっと大きくなる点が違っています。


エビネ

雑木林の林床のちょっと薄暗い場所で、エビネがたくさん花を咲かせ始めています。また、野草園に植えたエビネも見事に花を咲かせています。エビネはラン科の多年草で、日本、朝鮮半島南部、中国の江蘇省、貴州省に分布しています。花の色は変異が大きくて、萼片と側花弁は赤褐色、褐色、黄褐色、緑褐色、緑などが見られます。唇弁は白または薄紫紅色です。公園内のエビネもあちこちの群落ごとに花色が違っていて、たとえ近い位置に並んでいるような群落でも色が異なっています。

桜ヶ丘公園170501ホタルカズラ連結.jpg 上:ジロボウエンゴサク / 下:ホタルカズラ

ジロボウエンゴサク

野草園から続くキバナアキギリの自生地の中で、ジロボウエンゴサクがピンク色の花を咲かせています。ジロボウエンゴサクはケシ科の多年草で、本州の関東地方以西、四国、九州、国外では中国に分布しています。名前のエンゴサクは中国の漢方薬としての名前「延胡索」を日本語読みにしたもののようです。またジロボウは「次郎防」のことで、昔の子供たちがスミレを「太郎坊」と呼んで両者の花を絡み合わせて、引っ張り合いをして遊んだことによるというのが通説になっています。


ホタルカズラ

サービスセンター奥の石垣の上に移植したホタルカズラが、長い茎を地面に這わせて、その先にきれいなブルーの花を咲かせています。ホタルカズラはムラサキ科の多年草で、北海道、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国、台湾に分布しています。花は、咲き始めは赤紫色をしていますが、次第にコバルトブルーに変わっていきます。和名は、緑の中に鮮やかなブルーの花が咲く様子をホタルに例えたことからつけられました。

桜ヶ丘公園170501ミズキ連結.jpg 上:フジ / 下:ミズキ

フジ

赤い実の道脇の高木にツルを絡ませて伸び上っているフジに文字通り藤色の花が咲き出しました。フジはマメ科のつる性落葉木本で、本州、四国、九州に分布する日本固有種です。なお、海外のフジはフジ属に属する近縁の別種です。フジは低い山や平地の林などに普通に見られますが、花が美しいので藤棚にツルを絡ませて、開花時には隙間から花が垂れ下がるように咲かせて観賞するように仕立てたものが多く見られます。この観賞用のフジには多くの園芸品種が使われています。


ミズキ

公園内のあちこちの雑木林の林縁などに生えているミズキにたくさんついている円盤状の花穂に、小さな白い花がいっせいに咲き出しています。ミズキはミズキ科の落葉高木で、北海道、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、台湾、中国からヒマラヤの山地にまで分布しています。和名は、早春に芽が吹く時、地中から大量の水を吸い上げることからつけられました。事実、この時期にミズキの枝を切るとポタポタと樹液がしたたり落ちてきます。

ページの先頭へ戻る