お知らせ

2017年4月27日

桜ヶ丘公園の動植物情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月下旬の野草の花6種と木の花2種
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連休前のうららかな気持ちのよい季節の中、公園内の植物は春の花から初夏の花へと姿を変えつつあります。そこで今回はこれらの花の中から、野草の花6種と木の花2種をご紹介いたします。

なお、写真はすべて4月24日に撮影しました。
桜ヶ丘公園170424ジュウニヒトエ連結.jpg 上:ホウチャクソウ / 下:ジュウニヒトエ

ホウチャクソウ

大松山を登る園路脇のホウチャクソウの群落の中で、白~グリーンのグラデーションの鐘形のたくさんの花が茎からぶら下がって咲き出しています。ホウチャクソウはユリ科(イヌサフラン科)の多年草で、日本全国から東アジアに広く分布していて、雑木林などの樹間の開けた場所に群生しています。花の形やぶら下がった姿が、お寺の軒先に吊り下げられている鐘形の飾り「宝鐸(ほうちゃく)」に似ているということでこの名前がつけられました。


ジュウニヒトエ

丘の上広場の端の保護柵の中で、ジュウニヒトエが空に向かって伸ばした花穂に、紫がかった白の小さな花をたくさん咲かせています。ジュウニヒトエはシソ科の多年草で、本州と四国に分布する日本固有種です。丘陵地の林の中などに生育していて、葉の脇から花穂を出して、小さな白っぽい花を輪生させて咲かせます。この花が重なったように咲いている様子を、宮中の女官などが着る十二単に見立ててこの和名がつけられました。
桜ヶ丘公園170424ケキツネノボタン連結.jpg 上:キンポウゲ / 下:ケキツネノボタン

キンポウゲ

ドッグラン裏の草原の中で、キンポウゲの光沢のある黄色い花が咲いています。キンポウゲはキンポウゲ科の多年草で、日本全国に分布しています。日当たりの良い草地や土手などに生えていて、光り輝く黄色の花を咲かせることから、金鳳花(きんぽうげ)の名がつきました。またキンポウゲの別名はウマノアシガタなので、キンポウゲ科という科名は、はウマノアシガタ科とも呼ばれます。


ケキツネノボタン

山の越の草地の端など少し水気のあるところで、ケキツネノボタンがツヤのある黄色の花を咲かせています。ケキツネノボタンはキンポウゲ科の多年草で、本州、四国、九州、沖縄、中国に分布しています。水田の畔など日当たりが良くて湿気のあるところに多く生育しています。同じような環境の中に生えているキツネノボタンによく似ていますが、茎などに細かい毛が多いのでこの名がつきましたが、実際には両者の区別はかなり困難です。
桜ヶ丘公園170424マツバウンラン連結.jpg 上:コウゾリナ / 下:マツバウンラン

コウゾリナ

遊びの広場から赤い実の道に下る園路脇の斜面で、コウゾリナがざらざらとした手触りの長い茎の先にいくつも黄色い花を咲かせています。コウゾリナはキク科の越年草で、北海道、本州、四国、九州、サハリンに分布しています。茎は長く伸び、上部で枝分かれしてその先に花をつけます。また上部の茎や葉には赤褐色の剛毛が生えているため、触るとざらざらします。この感触から、剃刀菜または顔剃り菜の名が転じてコウゾリナになったとされています。


マツバウンラン

コウゾリナが群生する斜面の上部で、マツバウンランがひょろっと伸びた茎の先の花穂に数個の紫色の花を咲かせ始めています。マツバウンランはゴマノハグサ科(オオバコ科)の一年草で、北米原産の帰化植物です。60年ほど前に京都で初めて確認され、現在は本州、四国、九州に分布しています。関西では紫色のお花畑のように群生しているのが見られるほど多く生えていますが、関東ではまだ群生はあまり見られません。
桜ヶ丘公園170424ギョイコウ連結.jpg 上:ズミ / 下:ギョイコウ

ズミ

さとやまくらぶの前に植えられているズミに白く美しい花がたくさん咲いています。ズミはバラ科の落葉小高木で、日本と朝鮮半島に分布しています。リンゴに近縁な野生種で、荒れ地や湿地などに群生しています。晩春から初夏にかけて白または白地に部分的にピンクが入った花を咲かせます。秋になると黄色または紅色で小さなリンゴのような球形の実をつけます。


ギョイコウ

杉の辻から大谷戸公園に向かうメイン園路の脇に植えられているギョイコウに花が咲き始めていますが、花の色が緑色なので、遠目にはあまり目立ちません。ギョイコウはバラ科の落葉高木で、サクラの栽培品種です。花は八重咲で、その花びらは肉厚で外側に反り返ります。花色は白色から淡緑色で、中心部に紅色の条線があります。この紅色は初めは細いのですが、次第に赤いところが増えて行って、花が散る頃にはかなり赤くなります。

ページの先頭へ戻る