お知らせ

2016年5月 6日

桜ヶ丘公園の動植物・風景情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月初旬の草花4種と木の花4種
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月に入りさわやかな気候の中、新緑のグリーンはますます鮮やかさを増し、春から初夏の花も次々に開花しています。そこで今回は咲き始めた草花4種と木の花4種をご紹介いたします。

なお、写真はすべて5月1日に撮影しました。

桜ヶ丘公園160501マムシグサ連結.jpg 上:ササバギンラン / 下:マムシグサ

ササバギンラン

公園内の雑木林の下でササバギンランが真っ白な花を咲かせています。ササバギンランはラン科の多年草で、キンランと近縁のランですので、ほぼ同じ時期に花を咲かせます。ギンランも同じ仲間で、ほぼ同じ時期にやはり白い花を咲かせますが、ササバギンランはギンランより体が大きく、伸びた葉の先が花よりも上まで伸びるのが特徴です。ササバギンランの分布域は日本(北海道、本州、四国、九州)から朝鮮半島、中国東北部にまで広がっています。


マムシグサ
ウラシマソウの花は盛りを過ぎましたが、そのすぐそばで近縁種のマムシグサが仏炎苞を開き始めています。マムシグサはウラシマソウと同じサトイモ科の多年草で、北海道~九州の山地や原野の林床などの湿ったところに自生しています。晩春に花茎を直立させて開花しますが、花を包み込んでいる仏炎苞は紫がかった濃い褐色に白い線が入っています。ただし、中には苞が明るい緑色をしているものもあって、これはアオマムシグサ、あるいはカントウマムシグサと呼ばれています。

桜ヶ丘公園160501アヤメ連結.jpg 上:ハルジオン / 下:アヤメ

ハルジオン

明るい草原ではハルジオンが花盛りを迎えて、白やピンクの花をたくさん咲かせています。ハルジオンはキク科の多年草で、北アメリカ原産の植物ですが、日本を含めた東アジアに外来種として移入して、広く分布しています。近縁種で同じように北アメリカ原産のヒメジョオンとよく似ていますが、ハルジオンのつぼみは下を向いて付いていることと、茎が中空になっている点が違い、見分けることができます。また、ヒメジョオンの花はほとんど白色ですが、ハルジオンはピンクの花を咲かせるものもあります。


アヤメ

ドッグラン裏の斜面の草地の中で、アヤメが紫色の花びらの根元に網目模様のある花を咲かせています。アヤメはアヤメ科の多年草で、日本を含めた東アジアに広く分布しています。他のアヤメ科の多年草のノハナショウブやカキツバタのように湿地に生えることはほとんどなくて、やや乾燥した場所を好むため、多くが山野の草地に自生しています。
桜ヶ丘公園160501カマツカ連結.jpg 上:ミズキ / 下:カマツカ

ミズキ

公園内のあちこちに生えているミズキが円盤状の花穂にたくさん付いた小さな白い花を咲かせ始めました。ミズキはミズキ科の落葉高木で、日本、朝鮮半島、台湾、中国~ヒマラヤまで広く分布しています。ミズキという名前は、樹液が多くて、早春に枝などを切ると水が滴り落ちるからだということです。このため、渓谷周辺などの水分の多い場所に多く生育しています。近縁のクマノミズキとよく似ていますが、開花期がミズキは5月ですがクマノミズキは6月、またミズキの葉は互生である点が違っています。


カマツカ

谷戸の丘内の園路の入口近くに生えているカマツカが花穂に長い雄しべが目立つ白い花をたくさん咲かせています。カマツカはバラ科の落葉小高木で、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国、タイに分布しています。材が硬くて折れにくいので、鎌の柄に使われたことからこの名が付きましたが、別名をウシコロシと言います。これは、牛が枝の間に角を入れると、抜くことができなくなって死んでしまうぐらい、この木の枝が強くて折れないことから付けられました。
桜ヶ丘公園160501フジ連結.jpg 上:ヤブデマリ / 下:フジ

ヤブデマリ

赤い実の道脇の谷筋の中に自生しているヤブデマリが、ガクアジサイの花に似た白い花を咲かせ始めています。ヤブデマリはスイカズラ科の落葉低木で、本州、四国、九州に分布しています。ガクアジサイの花のように、小さな両性花の集まりのまわりに白い5弁の装飾花が囲んだ花を付けますが、そのうちの1枚は極端に小さいのが特徴です。なお、庭園や公園などに植えられているオオデマリは、このヤブデマリの両性花がなくなって、すべてが装飾花になり、白いボール状の花になったものです。


フジ

赤い実の道脇の木に絡み付いて上に伸び上がっているフジが、垂れ下がった花穂に付けたたくさんの紫色の花を上から順に咲かせ出しています。フジはマメ科の落葉木本(木のこと)で、本州、四国、九州の温帯から暖帯に分布する日本固有種です。蔓は木に巻きついて登って樹冠に広がって葉や花をたくさん付けます。また、フジは直射日光の射す場所を好む好日性植物で、ほかのマメ科の植物と同じように、夜間には葉をすぼめます。

ページの先頭へ戻る