お知らせ

2015年12月25日

桜ヶ丘公園ガイドウォーク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          
澄んだ空気の中、冬景色や冬の生きものを観察しましょう。           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
桜ヶ丘公園では、季節毎の公園の魅力をもっと楽しんでいただくため、職員による解説「桜ヶ丘公園ガイドウォーク」を毎月1回実施しています。
1月中旬の公園は冷たく澄んだ空気に包まれ、遠くの山まで見通せるきれいな眺望や冬鳥の姿、そして冬の植物などを楽しむことができます。
公園を管理する職員ならではの解説を聞きながら、晩秋の公園内を散策してみませんか。
どうぞお気軽にご参加ください。
1. 日  時:平成28年1月10日(日) 13時~15時 ※荒天中止
2. 集  合:13時に桜ヶ丘公園サービスセンター前に集合
3. 内  容:職員による公園内の案内と動植物の解説
4. 参加費:無料
5. 定  員:20名(自由参加・先着順)
6.今後のガイドウォーク開催予定日時
① 2月 7日(日)13時~15時
② 3月 4日(金)10時~12時
③ 4月10日(日)10時~12時
・観察コースは、その月の植物や昆虫、鳥の出現状況や風景により毎回異なります。
7. 問い合わせ先:桜ヶ丘公園サービスセンター〒206-0021 多摩市連光寺5-15 ?042-375-1240
桜ヶ丘公園150108富士山・遊びの広場.JPG 遊びの広場越しの富士山の姿
桜ヶ丘公園150121ルリビタキ (4).JPG ルリビタキが来ているかもしれません
桜ヶ丘公園150105オオイヌノフグリ002.JPG 早春の野草オオイヌノフグリの花
桜ヶ丘公園150105ソシンロウバイ004.JPG お花見坂でソシンロウバイが開花
桜ヶ丘公園151206ガイドウォーク101.JPG 12月6日のガイドウォークの様子
12月6日のガイドウォークの報告
12月6日は厳寒期に入ったため午後1時からの開催でしたが、12名の参加者が来園して下さり、しかも半数以上が新規参加者でした。その新規参加者のほとんどの方がホームページで今日のガイドウォークを知って来園されたとのこと、ホームページの発信力の強さを再確認できました。
今日のコースと観察予定の概要をセンター前で説明した後、いよいよガイドウォークに出発です。12月初めの今回は本格的な冬を迎えて、木々や野草の花はほとんど見られず、なんといってもピークを迎えつつある紅葉の観察がメインになります。
まずサービスセンターを出て、ひぐらし坂を登って東部団地口のビューポイントに行きましたが、ここからは公園内の雑木林の見事に色づいた紅葉が見渡せて、しかもその背景には遠く富士山も見られ、参加者の皆さんは「本当にきれいな景色!」と感動されていました。ここから連光寺公園を抜けて駐車場に登っていくと、その脇には先月にも観察したジュウガツザクラがまだ咲いていました。ツバキ類を除くと、このジュウガツザクラとすぐ先の記念館口のシロバナタンポポは今回見られる貴重な咲く花です。
この後、拓魂碑の広場を抜けてゆうひの丘に向かいましたが、ゆうひの丘では遠くの山々まで続く雄大なパノラマの風景を見ることができました。また、ここではイチョウの黄葉とそのすぐ前のモミジの紅葉のコントラストの美しさやニシキギの紅葉を楽しむことができました。ここでコースをUターン、遊びの広場を通って記念館方面に向かいました。もみじ平周辺から記念館、そして丘の上広場に掛けてはイロハモミジがたくさん見られる場所で、色づいたイロハモミジの紅葉と、記念館横に1本だけ生えているオオモミジの見事に深紅に色づいた紅葉を堪能することができました。参加者の皆さんも「こんなにきれいな紅葉を見られてうれしい」と、とても喜んでおられました。
ここから大松山を下って、コナラやクヌギの色づきなどを観察しながら杉の辻に向かいましたが、杉の辻に着くと鮮やかなオレンジ色に染まったメタセコイアと、真赤に色づいたイロハモミジが迎えてくれました。この後、メインの園路をサービスセンターに戻って行きましたが、園路脇には赤く色づいたクロガネモチの実や真赤に紅葉したドウダンツツジの植え込みなどがあり、これらを観察しながら予定時刻の12時を少し過ぎて終着のセンターに着きました。
今回の参加者は12名で、まとまりのあるガイドウォークにはちょうど良い人数でした。参加者の方々からも「列が長くならないで、説明が良く分かってよかった。」とか「とても楽しかった。」という声が上がっていて、今回のガイドウォークに十分に満足されたようでした。

ページの先頭へ戻る