お知らせ

2015年12月25日

11月、12月のイベント報告と1月のイベント予定

桜ヶ丘公園151128秋の長平を歩こう連結.jpg 11月28日の「秋の長沼・平山城址公園を歩こう」の様子
1.「秋の長沼・平山城址公園を歩こう」の報告
11月28日の土曜日、恒例の「秋の長沼・平山城址公園を歩こう」が開催されました。この催しは秋の紅葉シーズンに、長沼公園から平山城址公園を通って宗印寺までを、秋の動植物などを観察しながら歩こうとするものです。
集合場所の長沼駅では、雲ひとつない青空の下の絶好のハイキング日和となり、集合時間の9時半には12名の方が集まってくださいました。駅前でストレッチ運動をした後、9時40分過ぎには丘陵地レンジャーと丘陵地ボランティアの方の2名の講師の先導で2班に分かれて出発、ここから長沼公園に向かいました。なお、参加者の皆さんには京王の冊子「京王沿線の里地里山を歩こう」を一冊ずつ渡して、その中の第7コースが今日のコース内となりますので、とても好評でした。
長沼公園に入って、殿ヶ谷の道で頂上園地を目指して登って行く途中ではイロハモミジやコナラなどの紅葉がとても美しく、参加者の皆さんはこの紅葉をたっぷりと楽しんでおられました。また、同行のボランティアさんたちがこまめに講師の案内のフォローをしてくれたので参加者の方々も植物の名前などをよく理解できたようでした。頂上園地での休憩の後、展望園地では快晴の空の下のくっきりと見える八王子方面眺望を大いに楽しみました。また、その先の休憩舎に向かって歩いていく時には、講師からの木々や野草そしてキノコなどの説明を聞きながら熱心にメモを取る参加者の姿も見られました。
この後、平山口の階段を下り長沼公園を離れて住宅地の中の道を平山城址公園に向かいました。平山城址公園の六国台口から野猿の尾根道を下って七生口から公園内に入りました。ここから公園北中央口前を通って、さくらの道上部の明るい草地でのベンチや広げたブルーシートの上での昼食です。皆さん、それぞれに持参したお弁当などを食べながら、「こんな快晴の青空の下でのハイキングができてうれしい。」とか「長沼公園の展望広場の眺めが美しくて感激した。」などとおしゃべりを楽しんでおられました。
昼食後は公園内の園路を東園に向かって歩いていって、木々の紅葉や公園内の景色などを楽しみながら展望広場まで登りました。ここからの眺望もまた素晴らしく、近くの街並みや遠くの山々の向こうにすっかり雪をかぶった富士山の姿がくっきりと浮かび上がっていました。その美しさに参加した皆さんは歓声を上げておられました。この後、坂道の園路を下ると旧平山台小学校の市民支援センターで公園外に出ます。市街地から平山緑地の山道を下って終着点の宗印寺に着きました。宗印寺の山門内には大きなヤマモミジの木があって、一行を出迎えるように、その葉も深紅に染まっていました。
最後にここでアンケートに記入してもらい、2時過ぎには解散となりました。アンケートには「天候も良く、素晴らしいガイドでした。」とか「とても楽しかったです。木に興味を持ちました。」などの感想が書かれていて、参加者の皆さんそれぞれに満足されたようでした。
桜ヶ丘公園151205どんぐり祭り連結.jpg 12月5日の「どんぐり祭り」の様子

2.どんぐり祭りの報告
12月5日土曜日の午前10時~12時、さとやまくらぶ前の広場で「どんぐり祭り」が開催されました。このイベントは桜ヶ丘公園サービスセンターと雑木林ボランティアが共催するもので、公園内で収穫した作物や集めた自然材料を使った各種の催しや昔遊びを提供することによって、里山文化を伝承してもらい、公園の魅力をアップすることを目的にしています。
イベント開始時刻の午前10時にはさとやまくらぶ前の広場には、すでにお客様が集まって来ていて、その後も続々と参加者が増えていきました。どんぐり祭りの行われる広場にはたくさんのイベントコーナーができていましたが、リース作り、しめなわ作り、めかい、どんぐり工作、木こり体験、落ち葉のプールなどの里山文化を伝えるコーナーと、雑木林ボランティアのメンバーが育てたサツマイモを大きな焚火で焼いてお客様に食べてもらう「焼いも」のさとやまくらぶ前のコーナーに分かれて楽しんでもらうようになっていました。また、こならの丘の斜面をロープに吊った滑車で滑り降りるターザンロープも子供たちには大人気で、順番待ちになっていました。これらのコーナーに加えて、公園職員が行う、焼印のコースターづくりや竹馬などの昔遊びのコーナーもあって、参加された家族連れのお客様たちに大いに楽しんでいただきました。特に竹馬のコーナーでは子供たちはもちろん大人たちにも人気で、公園職員のサポートで広場を歩き回って楽しんでおられました。また、11時過ぎにサツマイモが焼きあがってお客様に配り始めると、そこには長蛇の列ができ、配られた焼き芋を家族で美味しそうに食べる姿があちこちに見られました。
お昼までの短い時間でしたが、子供たちは大いに盛り上がって、目いっぱい楽しんで広場の中を走り回っていました。親御さんや、中高年の参加者たちも子供達の楽しんでいる様子を見て笑顔になり、またご自分でも子供には少し難しい「めかい(竹かご編み)」や「しめ縄作り」に挑戦するなどして里山文化を学び、大いに楽しんでおられました。
総計250人程の方が来場された「どんぐり祭り」の2時間はあっという間に終わり、お客様たちは名残惜しそうに三々五々帰宅され、公園内は次第にいつもの落ち着きを取り戻していきました。
長沼公園150114新春の長沼公園を歩こう連結.jpg 昨年の「新春の長沼公園を歩こう」と霜柱
3.「新春の長沼公園を歩こう」の予定
新年最初の自然観察を、長沼公園からはじめてみませんか。
園路を歩き、講師の解説を聞きながら、園内に生息する植物や生きものを観察します。運がよければ植物の枯れた茎の根元に霜柱がついた「氷の花」が見られるかもしれません。また、木々の枝先にひそむ小さなこびと(人や動物の顔に見えることがある葉を落とした跡の葉痕)探しも楽しむことができます。
生き物たちはやがて訪れる春に向かって少しずつ少しずつ歩んでいます。そんな息吹を見つけに長沼公園へ出かけませんか。
1 日  時  平成28年1月9日(土) 9時30分 ~12時00分 ※雨天中止
2 場  所  長沼公園(八王子市長沼町ほか)
3 集  合  京王線長沼駅前に9時30分
4 内  容  長沼公園に生息する植物や生きものを講師の解説を聞きながら観察します。
5 講  師  丘陵地レンジャー、丘陵地ボランティア
6 参 加 費  50円
7 服装・持ち物  動きやすい服装、防寒着、手袋、滑りにくい靴、飲み物、雨具、ルーペ等(お持ちの方)
8 定  員  20名(申込多数の場合は抽選)
9 申込方法  往復はがき(1枚に2名まで)に参加者全員の①住所②氏名(ふりがな)③年齢番号をご記入の上、下記までお申し込みください。
【申込先】〒206-0021 多摩市連光寺5-15 桜ヶ丘公園サービスセンター「新春の長沼公園を歩こう」係
【締切日】12月21日(月) 当日消印有効
8 問い合わせ先  桜ヶ丘公園サービスセンター 電話:042-375-1240
桜ヶ丘公園150124野鳥観察会ヤマガラ連結.jpg 昨年の「野鳥観察会」と観察したヤマガラ
4.「野鳥観察会」の予定
桜ヶ丘公園は、多摩ニュータウンに位置する丘陵地公園です。冬の雑木林はコナラやクヌギの葉が落ちて見通しがよくなり、シジュウカラやメジロなどの小鳥たちがとても見やすくなります。         
また、冬になると平地で見られるルリビタキや、この時期に海外から渡ってくるシロハラなどの冬鳥を観察できるのも冬の野鳥観察の大きな楽しみです。ぜひ冬の桜ヶ丘公園で、丘陵地レンジャーと一緒に冬の野鳥を観察してみませんか。
1 日  時  平成28年1月23日(土) 9時30分~11時30分 ※小雨決行
2 場  所  桜ヶ丘公園(多摩市連光寺5-15)
3 集  合  桜ヶ丘公園「さとやまくらぶ」前
4 内  容  丘陵地レンジャーの案内で園内を巡り、冬の野鳥を観察します。
5 講  師  桜ヶ丘公園サービスセンター  内山 幸俊(丘陵地レンジャー※)※希少動植物の保全保護活動や、自然情報の解説業務を行っています。
6 参加費  50円
7 持ち物等  動きやすい服装と靴、飲み物、雨具。双眼鏡があればご持参ください。※防寒対策も忘れずにお願いします。
8 定  員  20人(申込み多数の場合は抽選)
9 申込方法  往復はがき(1枚に2名まで)に参加者全の①氏名(ふりがな)②年齢③住所④電話番を記入の上、下記までお申し込みください。小学生以下のお子様は、保護者の方とご一緒にお申し込みください。
【申込先】〒206-0021 多摩市連光寺5-15 桜ヶ丘公園サービスセンター「野鳥観察会」係
【締切日】平成28年1月8日(金) 当日消印有効
10 問い合わせ先  桜ヶ丘公園サービスセンター 電話:042-375-1240

ページの先頭へ戻る