お知らせ

2015年8月28日

桜ヶ丘公園ガイドウォーク:いよいよ秋。初秋の花や虫を観察しましょう。


桜ヶ丘公園では、季節毎の公園の魅力をもっと楽しんでいただくため、職員による解説「桜ヶ丘公園ガイドウォーク」を毎月1回実施しています。
 9月上旬の公園内では、秋の初めの草花や赤とんぼの舞う姿などを楽しめます。
公園を管理する職員ならではの解説を聞きながら、初秋の公園内を散策してみませんか。
どうぞお気軽にご参加ください。
1. 日  時:平成27年9月6日(日)10時~12時 ※荒天中止
2. 集  合:10時に桜ヶ丘サービスセンター前に集合
3. 内  容:職員による公園内の案内と動植物の解説
4. 参加費:無料
5. 定  員:20名(当日自由参加・先着順)
6. 今後のガイドウォーク開催日:
       10月4日 11月15日 12月6日 1月10日 2月7日(すべて日曜日)
       ・12月、1月、2月は厳寒期のため、開催時間は13時~15時となります。
        ・観察コースは、その月の植物や昆虫、鳥の出現状況や風景により毎回異なります。
7. 問い合わせ先:桜ヶ丘公園サービスセンター 042-375-1240
桜ヶ丘公園140916ヒガンバナ001.JPG 咲き始めたヒガンバナ
桜ヶ丘公園140902ショウジョウトンボ001.JPG 水辺を飛んでいる、真赤なショウジョウトンボ
桜ヶ丘公園140902タマアジサイ001.JPG 杉の辻のタマアジサイ
桜ヶ丘公園140902ワレモコウ003.JPG ワレモコウの花穂
桜ヶ丘公園150809ガイドウォーク085.JPG 8月9日のガイドウォークの様子
8月9日のガイドウォークの報告
8月9日の朝は薄曇りの天候で、一昨日までの猛暑(最高気温37度)と比べるとしのぎやすくほっとしましたが、それでもかなりの暑さで、午前10時からのガイドウォークに参加者が10名以上は来られないのではないかと思っていました。ところがこの日サービスセンター前には出発時間の10時には14名の参加者が集まって下さり、参加者たちの期待度も高いようで、楽しいガイドウォークになるだろうとの予感を持つことができました。今日のコースと観察予定の花の概要をセンター前で説明した後、いよいよガイドウォークに出発です。もちろん今回も参加者全員にイヤホンガイドを付けてもらい、案内の職員の声がマイクを通してもれなく聞こえるようになっています。8月上旬の今回のガイドウォークは真夏とあって、花の種類は少なめですが、夏の日差しの中で映える花や虫などの姿を見ることができそうです。
まず、サービスセンターからメインの園路を歩いて杉の辻の方向に向かいましたが、さとやまくらぶ裏のツリガネニンジン保護地ではタイミング良くツリガネニンジンが開花し始めていて、しかもその周りにはアキノタムラソウの紫色の花とキンミズヒキの黄色い花がたくさん咲いていて、参加者の皆さんも「ラッキー」と花を覗き込んだり、カメラに収めたりされていました。ここからさらにメイン園路をしょうぶ池の方に歩きましたが、途中咲き始めたカントウヨメナや、大谷戸公園のキャンプ練習場で狂い咲きしていたサギゴケの白い花などを観察することができました。しょうぶ池前着くと、そこにはシンボルツリーとして植えられているシマサルスベリの木があって、ちょうど白い花が咲いていました。ここでサルスベリとの違いや対生と互生を繰り返す葉の付き方などについて説明をしましたが、皆さんはしっかりと聞いて下さり、シマサルスベリの幹の木肌の美しさに感激されていました。
この後、とんぼの広場を通って園外の市道を歩いて田んぼに向かいました。田んぼは雑木林ボランティアの方々が管理しています。田んぼや畔にはいろいろの水性植物や水辺の植物が花を咲かせ、幾種類ものトンボなどが飛び回っているので、今日のガイドウォークのハイライトです。実際、オモダカやミズオオバコなどの水生植物、そしてヌマトラノオやコバギボウシなどの水辺の植物が花を付けていて、珍しいミズオオバコのピンクの花や咲き誇るコバギボウシの薄紫の花などを見ることのできた参加者の皆さんは大喜びをされていました。
ここを出てとんぼの広場戻り、赤い実の道を通って記念館口まで歩きましたが、途中キツネノカミソリの朱色の花やヤブミョウガの白い花などを観察して記念館口の外の拓魂碑の広場の入口ではサルスベリの赤い花を観賞しながらシマサルスベリとの違いを実感しました。ここから記念館と丘の上広場を通って山の越から杉の辻と歩き、メイン園路を戻ってサービスセンターに帰ってきましたが、その間にもカラスビシャクやツリガネニンジン、そして咲き始めたタマアジサイの花などを楽しむことができました。
終着のサービスセンターには予定の12時ちょうどに着きましたが、参加者の方々からは「今回は人数がちょうどよくて、しっかり観察ができたし、説明もちゃんと聞けて良かった」とか「とても楽しく、次回もぜひ参加したい」などの声を聞くことができ、皆さん十分に満足されたようでした。

ページの先頭へ戻る