お知らせ

2015年5月22日

桜ヶ丘公園の動植物情報:5月下旬の野草の花2種と木の花6種


5月中旬からホトトギスの鳴き声が聞こえ出して、「夏は来ぬ」の歌詞に歌われているように本格的な初夏の気候となっています。公園内ではこの初夏の陽気に誘われて、野草の花や花木の花がたくさん咲き乱れています。そこで今回は、咲き始めている野草の花2種と木の花6種をご紹介いたします。
なお、写真はすべて5月19日に撮影しました。
桜ヶ丘公園150519ユキノシタ連結.jpg 上:サイハイラン / 下:ユキノシタ
サイハイラン
大谷戸の谷の林床など、雑木林の下でサイハイランが地味ですが、よく見ると美しい花を咲かせ始めました。サイハイランはラン科の多年草で、日本の南千島、北海道~九州、国外ではサハリン南部、朝鮮半島南部、中国、台湾、ヒマラヤに分布しています。和名の由来は、上に向かって伸びた花穂にたくさんの花を咲かせている姿を、戦場で指揮官が兵を指揮する采配に見立てたものです。
 
ユキノシタ
やはり大谷戸の谷の溝の縁にたくさん生えているユキノシタが白い花を咲かせ始めました。ユキノシタはユキノシタ科の常緑多年草で、本州、四国、九州、国外では中国に分布しています。湿った半日陰の岩場などに自生していますが、大谷戸の谷でも溝の縁の岩組の上などに多く生えています。また、花や葉の模様などの観賞価値が高いので、人家の半日陰の庭などに栽培されることも多い植物です。
桜ヶ丘公園150519ガマズミ連結.jpg 上:スイカズラ / 下:ガマズミ
スイカズラ
ゆうひの丘の周辺に多く見られるスイカズラが独特な形をした白や黄色の花を咲かせています。咲いたときは白い花が次第に黄色く変化していって、白や黄色の花が入り混じって咲くので、金銀花の別名があります。スイカズラはスイカズラ科の常緑つる性低木で、日本全土、東アジア一帯に分布しています。花が美しいので、欧米では観賞用に栽培されていますが、まれに野生化して、特にアメリカでは外来種としてクズと共に、森林を覆って打撃を与えるなどで問題になっています。
 
ガマズミ
公園の雑木林の林縁などに生えているガマズミが、円盤状の花穂に小さな白い花をたくさん咲かせて、そこに小昆虫がたくさん集まってきています。ガマズミはスイカズラ科の落葉低木で、北海道~九州、国外では朝鮮半島、中国に分布しています。今咲いている花が結実して、晩夏から秋にかけて3~5mmほどの赤い実を付けますが、この実は果実酒に利用されます。また、庭木として観賞用に植えられることもあります。
桜ヶ丘公園150519エゴノキ連結.jpg 上:ハコネウツギ / 下:エゴノキ
ハコネウツギ
園路際などに植えられているハコネウツギが花を咲かせています。白~ピンク~赤の花が入り混じって咲いていてとても目立ちます。ハコネウツギはスイカズラ科の落葉低木で、日本各地の海岸近くに自生しています。白い花が次第に赤へと変化していく様が面白く、観賞価値が高いので、庭木や公園木として植栽されています。
 
エゴノキ
園路際や雑木林の縁などに生えているエゴノキが、枝の葉の下に吊り下げたたくさんの白い花を一面に咲かせています。エゴノキはエゴノキ科の落葉小高木で、北海道~九州、沖縄まで、日本全国の雑木林に多く見られます。和名は、果実を口に入れると舌や喉を刺激してえぐい(えごい)ことに由来しています。
桜ヶ丘公園150519センダン連結.jpg 上:ヤマボウシ / 下:センダン
ヤマボウシ
公園内のあちこちに植えられているヤマボウシが、枝の葉の上で白い十字型の花をたくさん咲かせています。ヤマボウシはミズキ科の落葉高木で、本州~九州、国外では朝鮮半島、中国に分布しています。山地の谷筋などにふつうに生えていますが、庭園樹、公園樹、街路樹としても利用されています。果実は集合果で9月頃に赤く熟して、食用になります。
 
センダン
お花見坂や杉の辻などにあるセンダンが、枝先に薄紫色の雲のように見えるたくさんの小さな花を咲かせていて、とてもきれいです。センダンはセンダン科の落葉高木で、アジア各地の熱帯、亜熱帯域に広く分布しています。日本では四国、九州、沖縄の海岸近くや森林周辺に多く自生しています。花が美しいので、庭木、公園樹、街路樹として植えられています。

ページの先頭へ戻る