お知らせ

2015年5月 1日

桜ヶ丘公園ガイドウォーク:みどりの風のなか、公園の自然を楽しみましょう。


桜ヶ丘公園では、季節毎の公園の魅力をもっと楽しんでいただくため、職員による解説「桜ヶ丘公園ガイドウォーク」を毎月1回実施しています。
5月上旬の桜ヶ丘公園は草木の若葉が明るい陽の光に映えて、みどりいっぱいの景色となります。公園を管理する職員ならではの話を聞きながら、初夏のさわやかな空気を楽しんで公園内を歩いてみませんか。どうぞお気軽にご参加ください。

1. 日  時:平成27年5月10日(日)10時~12時  ※荒天中止
2. 集  合:10時に桜ヶ丘公園サービスセンター前に集合
3. 内  容:職員による公園内の案内と動植物の解説
4. 参加費:無料
5. 定  員:20名(当日自由参加・先着順)
6. 今後のガイドウォーク開催日:
       6月14日 7月5日 8月9日 9月6日 10月4日(すべて日曜日)
        ・観察コースは、その月の植物や昆虫、鳥の出現状況や風景により毎回異なります。
7. 問い合わせ先:桜ヶ丘公園サービスセンター 042-375-1240

桜ヶ丘公園150412フデリンドウ(ガイド).JPG 連光寺公園南斜面のフデリンドウ
桜ヶ丘公園130414シロヤブケマン(ガイド).JPG ゆうひの丘S字園路のシロヤブケマン
桜ヶ丘公園130409ジュウニヒトエ(ガイド).JPG 丘の上広場のジュウニヒトエ
桜ヶ丘公園130409イチリンソウ(ガイド).JPG 杉の辻近くのイチリンソウ
桜ヶ丘公園150412ガイドウォーク.JPG 4月12日のガイドウォークの様子
4月12日の午前10時からのガイドウォークは晴れて暖かなウォーキング日和となりました。この日サービスセンター前には9時半ごろから参加希望者が次々と集まり始め、出発時間の10時までには過去最高の22名の参加者が集まりました。今日のコースと観察予定の花の概要をセンター前で説明した後、いよいよガイドウォークに出発しました。もちろん今回も参加者にはイヤホンガイドを付けてもらい、案内の職員の声をマイクを通してもれなく聞いてもらうこととしました。
4月の上旬の今回のガイドウォークには春の花が次から次へと咲いていて、植物を中心にして見るものが多いので、今回は公園内を急ぎ足で回って、より多くの植物を観察することとしました。東部団地口から連光寺公園に抜ける途中の明るい斜面の上部では、なんとフデリンドウの小群落を発見、また斜面下部にはスミレの濃紫色の花が咲いていました。参加者の皆さんは顔を近づけて花を観察したり、撮影したりして、「かわいいフデリンドウの花を見ることができて、今日は本当に良かった。」とか、「スミレの花の美しさに感激」などの声を上げて、感激されていたようでした。
この後、ゆうひの丘のS字スロープの園路際ではムラサキケマンの花と白いケマンの花を観察、「白いケマンはムラサキケマンの白花種でシロヤブケマンと呼ばれている」などの解説を聞いて、「シロヤブケマンは初めて見たのでうれしい」との声を上げた参加者も見られました。この後、丘の上広場のジュウニヒトエの花や杉の辻近くのイチリンソウの花などを観察して、終了予定時間の12時にはお花見坂に戻り、最後に野草園のスミレやニリンソウなどを観察して今回のガイドウォークは終了となりました。皆さんは「たくさん花を見ることができて良かった」、「とても楽しかった」などの感想を口にして、嬉しそうに帰宅されました。

ページの先頭へ戻る