お知らせ

2015年4月10日

桜ヶ丘公園ガイドウォーク:春爛漫!桜も野草も楽しみましょう!


桜ヶ丘公園では、季節毎の公園の魅力をもっと楽しんでいただくため、職員による解説「桜ヶ丘公園ガイドウォーク」を毎月1回実施しています。
4月上旬の桜ヶ丘公園内では野草の花や桜の花などが一斉に開花して、まさに春爛漫の装いとなります。公園を管理する職員ならではの話を聞きながら、春の華やかな景色を楽しんで公園内を歩いてみませんか。どうぞお気軽にご参加ください。

1. 日  時:平成27年4月12日(日)10時~12時 ※荒天中止
2. 集  合:桜ヶ丘サービスセンター前に10時
3. 内  容:職員による公園内の案内と動植物の解説
4. 参加費:無料
5. 定  員:20名(当日自由参加・先着順)
6. 今後のガイドウォーク開催日:
       5月10日 6月14日 7月5日 8月9日 9月6日(すべて日曜日)
  ・1月~3月の開催時間は13時~15時となりますのでご注意ください。
  ・観察コースは、その月の植物や昆虫、鳥の出現状況や風景により毎回異なります。
7. 問い合わせ先:桜ヶ丘公園サービスセンター 042-375-1240
桜ヶ丘公園120410ヤマザクラ2.JPG お花見坂のヤマザクラ
桜ヶ丘公園130409イチリンソウ005.JPG 山の越のイチリンソウ
桜ヶ丘公園120410ウラシマソウ1.JPG おもいでの道のウラシマソウ
桜ヶ丘公園130409ジュウニヒトエ003.JPG 丘の上広場のジュウニヒトエ
桜ヶ丘公園150315ガイドウォーク・オニシバリ観察.JPG 3月15日のガイドウォークの様子
1週間前の天気予報では、3月15日は少し雨が降るとのことで楽しいガイドウォークの実施が危ぶまれていましたが、案に相違して当日の昼前から日が射し始めて、晴れて暖かなウォーキング日和となりました。この日は多摩テレビの取材が入り、同行して撮影することになりました。出発時間の午後1時までには集合場所のセンター前には8名の参加者が集まり、職員4名を加えて総勢14名でのガイドウォークとなりました。また、今回初の試みとして、参加者にはイヤホンガイドを付けてもらい、案内の職員の声をマイクを通して聞いてもらうこととしました。
まずは今日のコースの簡単な説明を受けていよいよ出発です。今の時期は春の花が次々と咲き始めて、植物を中心にして見るものが多いので、今回は公園内を半周するコースに絞って観察と解説を行うこととしました。東部団地口下の雑木林の下では、まさに昨日今日咲き出したばかりのシュンランを観察、参加者の皆さんは顔を近づけて花を観察したり、撮影したりして、「本当にかわいくて、今日この花を見ることができて良かった。」などの声を上げて、感激の面持ちでした。
この後、やはり咲き出したばかりのコブシやカンヒザクラの花を観察して嬉しがったり、オオイヌノフグリ、タチイヌノフグリ、コゴメイヌノフグリの3種の「イヌノフグリ」を比較観察して、「違い側よくわかり、とても良かった。」との声を上げたりしていました。また丘の上広場下ではちょっと珍しい「オニシバリ」の黄色い花を観察して、職員の「この木は夏に葉を落すのでナツボウズという別名がある。」などの解説を聞いて、「近いうちに家族を連れてきて見せてあげたい。」という感想を持った参加者もいました。
このようにして今回のコースを回って、終了予定時間の3時前にはお花見坂に戻り、最後の花のブンゴウメの観察をして今回のガイドウォークは終了。参加者たちは多摩テレビのインタビューに「とても良かった」、「楽しかった」などの感想を述べて、満足の面持ちで帰宅していかれました。

ページの先頭へ戻る