お知らせ

2021年11月15日

11月中旬の木の実・草の実 ~11月15日版~

園内では色とりどりの木の実や草の実が見ごろです。

今回紹介した以外にもヤブコウジ、ナンテンなどの赤い実、スイカズラ、ヒサカキ、ヤブラン、イヌザンショウ、カラスザンショウなどの黒い実が見られ、ナンキンハゼは冬には白く熟します。

カエデやシデ類のように風で飛ばされる実は翼のような付属物がついています。
小山内裏公園211115ムラサキシキブ (1).JPG ムラサキシキブ 雑木林に自生する他、一部植栽もされている落葉低木で、秋に紫色の実がなります。今年は不作気味ですがよく探すと見つかります。
小山内裏公園211115ヤブムラサキ (1).JPG ヤブムラサキ 雑木林に自生する落葉低木で、秋に紫色の実がなります。ムラサキシキブに似ていますが全体に毛深いなどの違いがあり、園内では東側に1か所自生地があります。
小山内裏公園211115ゴンズイ (1).JPG ゴンズイ 雑木林に自生する落葉小高木で、秋には赤い皮の中の黒い種が見える実がなります。葉も赤褐色に紅葉します。
小山内裏公園211115ヘクソカズラ (1).JPG ヘクソカズラ 園内に多く見られるつる植物で、夏から初秋に白い花が咲き、丸い実が秋に黄褐色に熟します。
小山内裏公園211115アオツヅラフジ (2).JPG アオツヅラフジ 濃紺~藍色の実が集合してなるつる植物です。園内では草地広場周辺などで見られます。

ページの先頭へ戻る