お知らせ

2021年10月16日

10月3週目の花 ~10月16日版~

今日は霧雨が降り涼しい一日でした。

晩秋の花のコウヤボウキやツワブキが咲き始め、尾根緑道ではサザンカが咲いています。

シロヨメナやヤクシソウもあちこちで咲いており、秋の花の開花は早めに進んでいます。

シロダモやリンドウはまだ咲いていませんが、例年より早いかもしれません。
小山内裏公園211016ヤブタバコ (1).JPG ヤブタバコ

9月後半~10月前半によく咲いている花なのですが、今年はまだあちこちに咲いています。花が終わると独特の臭気と粘り気のある綿毛ができます。

小山内裏公園211016ナギナタコウジュ (1).JPG ナギナタコウジュ

花期は10月後半頃で、独特の臭気がある薄紫色の花穂が出来ます。園内では大田切北サンクチュアリに群生している他、内裏池上手付近にも時々生えます。

小山内裏公園211016シャクチリソバ (1).JPG シャクチリソバ

ソバに似た白い花が秋に咲きますが食用ではありません。園内では尾根緑道の西側の一角に群生地があります。在来種ではありませんが、秋の訪花昆虫の蜜源植物として保全しています。

小山内裏公園211016コセンダングサ (1).JPG コセンダングサ

白い舌状花があるコシロノセンダングサという近縁変種もあります。秋に黄色い花が咲いた後にできる種はよく服にくっつきます。

小山内裏公園211016コウヤボウキ (1).JPG コウヤボウキ

晩秋に淡いピンク色の花が咲きます。草のように小さいですが、冬に葉が落ちると若い枝には冬芽ができ、翌春に若葉が展開します。このため、図鑑では樹木として掲載される植物です。

ページの先頭へ戻る