お知らせ

2021年8月22日

8月4週目の花 ~8月22日版~

園内では晩夏の花が咲いています。

今回紹介する以外にもタマアジサイ、クサギ、ヤマホトトギス、オトコエシ、キツネノマゴ、ミズヒキ、ミズタマソウなどが見ごろで、パークセンター前ではヒョウタンが棚にたくさんなっています。

野草見本園では、ミソハギ、ヤブミョウガ、カラスノゴマなどが咲いています。

小山内裏公園210822シラヤマギク (1).JPG シラヤマギク

雑木林の下やへりに生えるのぎくの仲間で、白い舌状花がまばらなことと、茎の下の方の葉がスペード型で大きいのが特徴です。

小山内裏公園210822ユウガギク (1).JPG ユウガギク

明るい草地で見られるのぎくの仲間で、舌状花は普通白いです。茎の上部で盛んに枝分かれし、葉は切れ込みがやや深めです。花期は7~10月頃です。

小山内裏公園210822フジカンゾウ (1).JPG フジカンゾウ

ピンク色の花が穂になって咲きます。花期は8月後半から9月初め頃です。ヌスビトハギに似ていますが全体に大柄で、葉は奇数羽状複葉です。

小山内裏公園210822ヌスビトハギ (1).JPG ヌスビトハギ

ピンク色の花が穂になって咲きます。花期は8月から10月初め頃です。フジカンゾウに似ていますが全体に小柄で、葉は三出複葉です。

小山内裏公園210822イヌトウバナ (1).JPG イヌトウバナ

園内では多目的広場の滑り台の上から草地広場背後に続く園路沿いで見られます。草丈が10cmほどと低く、花期は8月後半から9月前半頃です。

ページの先頭へ戻る