お知らせ

2021年3月22日

3月4週目の小山内裏公園の花 ~3月22日版~

例年より早めに春の花が咲き進んでいます。

ダンコウバイやフサザクラが咲き終わり、コブシやカタクリは盛りを過ぎようとしています。

キブシやモミジイチゴ、タチツボスミレ、シュンランなどはまだ見ごろで、ニガイチゴやサルトリイバラなどが早くも咲き始めていました。
小山内裏公園210322ヒメスミレ (1).jpg ヒメスミレ 明るく人工的な環境に自生することが多いスミレで、全体に小さめです。花は紫色で葉はやや細長いです。花期は3月後半~4月前半頃です。
小山内裏公園210322マルバスミレ (2).jpg マルバスミレ 白花の野生スミレは園内で3種見られますが、ツボスミレは本種より花も葉もずっと小さく、アリアケスミレは葉が細長いです。
小山内裏公園210322ニガイチゴ (1).jpg ニガイチゴ 雑木林に自生する落葉低木で、白い花が例年なら4月中頃に咲きます。よく似たモミジイチゴより花弁が細く、花は上向きに咲くことが多いです。
小山内裏公園210322ミミガタテンナンショウ (2).jpg ミミガタテンナンショウ コブラの首のような部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれます。園内にはマムシグサも見られますが、花期は5月頃です。
小山内裏公園210322クサボケ (2).jpg クサボケ 和名に草とつきますが落葉小低木です。園内では鮎道沿いなどで見られる他、野草見本園でも見られます。花期は3月後半~4月頃です。

ページの先頭へ戻る