お知らせ

2021年1月11日

1月2週目の植物と野鳥 ~1月11日版~

寒さが厳しい季節ですが、白梅やソシンロウバイが咲き、紅梅とロニセラも一部が咲き始めています。

サザンカとツバキもまだ咲いています。

野鳥は地上を歩くツグミがかなり見られるようになりました。

池が凍ったためカモやカワセミなどは来なくなりましたが、氷の上をキセキレイが歩く姿がよく見られます。
小山内裏公園210111ソシンロウバイ (1).jpg ソシンロウバイの花 1月から3月初め頃に黄色い花が咲く落葉低木です。花は香りがあります。園内ではパークセンター近くの畑脇で見られ、今は一~二分咲きくらいです。
小山内裏公園210111白梅 (1).JPG 白梅の花 園内では主にパークセンターのそばのバス通り側に植栽されています。白梅は一部の木で咲き始めていますが、紅梅はようやく1輪咲いたところです。
小山内裏公園210111キセキレイ.jpg 氷上のキセキレイ 一年中見られます。毎年大田切池が凍ると飛来して、氷の上を器用に歩き回ります。チチン、チチン、とよく鳴きます。おなかの黄色が美しいです。
小山内裏公園210111メジロ.jpg メジロ 一年中見られる小鳥で、花の蜜や甘い果物が大好きです。目のまわりの白と背中の明るい緑色が特徴で、チュルチュル…、またはチュイーなどと鳴きます。
小山内裏公園210111ツグミ.jpg ツグミ 冬鳥で、秋には木の上で柿の実などをよく食べますが、冬~春は地上でミミズなどを探して食べます。ケケッ、などと鋭く鳴きます。

ページの先頭へ戻る