お知らせ

2020年11月29日

紅葉・黄葉と木の実 ~11月29日版~

園内の紅葉は早くも終盤となり、メタセコイアなど一部を除き、見ごろを過ぎるか散ってしまいました。

木の実やつる植物の実はまだいくらか見られます。

赤や青、黒などの様々な実が晩秋の雑木林を彩っています。

しばらくは園内で大量に落ち葉が見られ、木々には来春の芽生えに備えて冬芽ができています。
小山内裏公園201129クロモジ (1).JPG クロモジの黄葉 雑木林に自生している落葉低木で、葉は黄色に染まります。葉や枝にはよい香りがあり、高級な楊枝に使われます。一年目の若い枝は緑色です。
小山内裏公園201129コナラ (1).JPG コナラの黄葉 雑木林に多い落葉高木で、細長いどんぐりがなります。葉は主に黄褐色に染まりますが、幼木や日当たりのよい位置の葉は赤く染まります。
小山内裏公園201129ヘクソカズラ (1).JPG ヘクソカズラの黄葉 園内各所に多いつる植物で、葉は主に黄色く染まります。夏から初秋に白い花が咲き、秋に黄色い実が実ります。
小山内裏公園201129クスノキ (1).JPG クスノキの実 園内では里山広場など数か所に植栽されている常緑高木で、黒い実がなります。葉や実、枝にはよい香りがあります。
小山内裏公園201129スイカズラ (1).JPG スイカズラの実 雑木林などに自生するつる植物で、初夏に白い花が咲きます。半落葉性で、冬の葉は裏側に向かって少し反り返りますが、春までは持たないことが多いです。

ページの先頭へ戻る