お知らせ

2020年10月18日

10月3週目の花ときのこ ~10月18日版~

秋も後半に入り、秋咲きのアザミ類やシロヨメナ、シャクチリソバ、セイタカアワダチソウ、ススキやオギの穂が見ごろになっています。

尾根緑道ではサザンカが咲き始め、雑木林沿いではコウヤボウキの花が咲き始めました。

木の実は、ガマズミやゴンズイの赤い実は見ごろ、赤紫色のがく片に藍色の実が美しいクサギは終わりそうです。
小山内裏公園201018シャクチリソバ (1).JPG シャクチリソバ 園内では尾根緑道やや西寄りの一角に群生しています。ソバに近い仲間ですが、食用にはされません。白い花が11月初め頃まで咲きます。
小山内裏公園201018ナギナタコウジュ (1).JPG ナギナタコウジュ 明るく草丈の低い場所に生えますが、園内では現在主にサンクチュアリ内で見られます。薄紫色の小さな花が穂になって咲き、全体に独特の臭気がします。
小山内裏公園201018ナンバンギセル (1).jpg ナンバンギセル ススキなどの根に寄生し、ピンク~赤紫色の花が晩夏から秋に咲きます。園内では野草見本園の花は終わり、立ち入り禁止区域の外周部急斜面でのみ咲いています。
小山内裏公園201018キツネノタイマツ (1).JPG キツネノタイマツ 柄が赤みを帯び、傘にグレバと呼ばれる黒っぽいべとべとしたものがついています。グレバは悪臭がして、ハエなどの昆虫が飛来します。ウッドチップを敷き詰めた上に出ていました。
小山内裏公園201018コシオガマ (1).jpg コシオガマ 半寄生植物で、10月後半~11月上旬頃にピンク色の花が咲きます。園内では少なく、多摩ニュータウン通り上の園路沿いの自生地を囲って保全しています。

ページの先頭へ戻る