お知らせ

2020年10月12日

10月2週目の花 ~10月12日版~

ヒガンバナがほぼ終わり、キンモクセイも台風でかなり散ってしまいましたが、秋咲きのアザミ類やシロヨメナ、イヌショウマ、シャクチリソバなどはまだ見られ、草原ではセイタカアワダチソウの黄色い花や、ススキやオギの穂も見ごろになっています。
小山内裏公園201012ノハラアザミ (1).jpg ノハラアザミ 秋に咲くアザミで、大きめな頭花が頂上につきます。花期にも根際の葉が残ります。園内では多目的広場背後の土手などに群生しています。
小山内裏公園201012トネアザミ (2).jpg トネアザミ 秋咲きのアザミで、小さめな頭花が横や斜めを向いて多数つきます。花期に根際の葉がありません。園内各所の林のへりや内裏池上手の広場などで見られます。
小山内裏公園201012ミゾソバ (1).jpg ミゾソバ 湿地に生え、しばしば群生します。花の色は白っぽいものと濃いピンク色とがあるはずですが、園内では濃い色の花が目立ちます。葉は基部が横に張り出す形です。
小山内裏公園201012アキノウナギツカミ (1).jpg アキノウナギツカミ ミゾソバに似ていますが花は小さめで色が淡く、葉は基部が横には張り出さず茎を抱きます。内裏池上手の水路などで見られます。
小山内裏公園201012イヌショウマ (1).jpg イヌショウマ 9月後半~10月中旬頃に白い花が穂になって咲きます。雑木林の下に生え、当公園では内裏池東の四阿(あずまや)の奥などで見られます。

ページの先頭へ戻る