お知らせ

2020年9月28日

9月末の花 ~9月28日版~

園内ではヒガンバナが花盛りで、ヤブマメ、イヌショウマ、カシワバハグマ、ヤマハッカも咲き始めました。

湿地ではイボクサやミゾソバが咲き、ヨシやガマ類の穂が揺れています。

のぎくの仲間も、ユウガギクやシラヤマギクに続いてシロヨメナが咲き始めています。

草原ではススキの穂が見ごろです。
小山内裏公園200928シラヤマギク (1).JPG シラヤマギク 林に多いのぎくの仲間で、白い舌状花は短めで隙間が空いています。根際の葉が大きいのが特徴です。草丈が高いですが直立せず斜めに生えることが多いです。
小山内裏公園200928シロヨメナ (1).JPG シロヨメナ 草地や土手に生えるノコンギクと似ていますが、本種は林に生えます。花はほぼ白のみ(ノコンギクは白から薄紫色と変異がある)で、葉が細長く暗い色で付け根が細いです。
小山内裏公園200928イボクサ (1).JPG イボクサ 湿地や水田に生え、9月中旬~10月初め頃にピンク色の花が咲きます。園内では大田切北サンクチュアリ内で見られます。
小山内裏公園200928ナンテンハギ (1).JPG ナンテンハギ 赤紫色の花が咲くマメ科の植物で、葉が2枚ずつ向かい合ってつきます。園内では1か所しか見られず園路沿いではないのが残念です。
小山内裏公園200928カラスノゴマ (1).JPG カラスノゴマ 9月中・下旬に黄色い花が咲きます。園内では草原や林のへりのあちこちで見られる他、野草見本園でも見られます。

ページの先頭へ戻る