お知らせ

2020年9月19日

9月3週目の花 ~9月19日版~

園内では秋の花がツルニンジンに続きヒガンバナ、ツリフネソウ、キバナアキギリ、ノササゲと咲き始めました。

まもなく、ヤブマメ、イヌショウマ、カシワバハグマ、キンモクセイなどの花の季節になるでしょう。

草原では、エノコログサやキンエノコロ、チカラシバなどのイネ科植物の穂が揺れ、ススキの穂も出始めました。
小山内裏公園200919ヒガンバナ (1).jpg ヒガンバナ 花の時期に葉がなく、花が終わると葉が出ます。赤い花が多いですが、白花品種もあります。有毒なので食べられません。花期は10月初め頃までです。
小山内裏公園200919シロバナマンジュシャゲ (1).jpg シロバナマンジュシャゲ ヒガンバナの白花品種です。園内ではパークセンター付近や尾根緑道沿いの一部などに植栽されています。種は実らず球根で増えます。
小山内裏公園200919キバナアキギリ (1).jpg キバナアキギリ 日本在来のサルビアの仲間で、9月後半~10月前半に黄色い花が咲きます。園内では九反甫谷戸に自生している他、野草見本園でも見られます。
小山内裏公園200919ノササゲ (1).JPG ノササゲ 園内で見られるマメ科の黄色い花の咲く3種のうち、花が一番縦長で、数個ずつ集まって咲きます。晩秋に紫色のさやに入った豆が実ります。
小山内裏公園200919ツリフネソウ (1).jpg ツリフネソウ 秋に赤紫色~ピンク色の独特の形の花が咲きます。園内では津島谷戸サンクチュアリに自生していて、一部は北側のフェンス越しに花が見えます。野草見本園でも見られます。

ページの先頭へ戻る