お知らせ

2020年8月15日

8月3週目の昆虫いろいろ ~8月15日版~

連日の暑さで夏の昆虫の活動は活発です。

雑木林、池、草原、花壇など、場所ごとに特色ある昆虫が見られます。

セミはニイニイゼミに代わってアブラゼミやミンミンゼミが優勢になり、ツクツクボウシやクマゼミの鳴き声も時々聞こえてきます。

草地では、ショウリョウバッタやクルマバッタモドキなどのバッタも増えてきました。
小山内裏公園200815ウラギンシジミ.jpg ウラギンシジミ はねの裏(外)が銀白色で、表(内)はオスがオレンジ色でメスは明るい灰色のチョウです。園内では年3回初夏・夏・秋に成虫が発生し秋の成虫は越冬します。
小山内裏公園200815ヒメキマダラセセリ (1).jpg ヒメキマダラセセリ 年2回初夏と夏に成虫が見られます。主に雑木林の周辺で見られ、成虫は花の蜜を吸います。幼虫の食草はイネ科植物です。
小山内裏公園200815ミンミンゼミ  (2).jpg ミンミンゼミ 大きな木のある林で見られ、オスはミーン、ミン、ミン、ミーー…、と大音響で鳴きます。成虫は7月下旬から9月末頃まで見られ、9月になると気温の高い日にだけ鳴きます。
小山内裏公園200815クサキリ.jpg クサキリ 成虫は8月中頃から見られ、褐色型もいます。オスは夜ジーー…と連続音で鳴き、10月頃までいます。メスは晩秋まで見られます。
小山内裏公園200815ショウリョウバッタ♂♀.jpg ショウリョウバッタ(左:オス、右:メス) 褐色型もいる他、緑色にたてすじのある個体もいて、幼虫の頃から色や模様の違いがあります。成虫は7月末から10月頃まで見られます。オスは飛ぶ時にキチキチ…と音を出します。

ページの先頭へ戻る