お知らせ

2020年7月25日

7月下旬の植物いろいろ ~7月25日版~

梅雨が長引いているためか夏の花の開花は遅れ気味ですが、キツネノカミソリやウバユリ、ダイコンソウなどが咲き始めています。

ヤマユリもまだ咲いています。

ヤブカンゾウはそろそろ終わり、ホソバシュロソウやクサギはまだこれからです。

エゴノキ、キブシ、イヌザクラ、ハナイカダなどの初夏に咲いた花の実が実っています。
小山内裏公園200725ハナイカダ (1).JPG ハナイカダの実 雑木林でよく見られる雌雄異株の落葉低木で、葉の上に花や実が乗るようにつくことからこの名が付きました。雄株には実がつきません。
小山内裏公園200725ダイコンソウ (1).JPG ダイコンソウの花 黄色い花が7月後半~8月に咲きます。園内では東側に多く、草丈が低くやや日陰の草地で見られます。
小山内裏公園200725シオデ (1).JPG シオデの雄花 7月頃に丸く放射状に花がつき、雌花はその後黒い実になります。林のへりや茂った草原によく生えるつる植物で、園内では里山広場奥の階段脇などで見られます。
小山内裏公園200725オニドコロ (1).JPG オニドコロの雄花 クリーム色の花が集合して小さな穂になります。雌花は付け根が膨らんでいて、穂は下向きです。ハート形の葉が互い違いにつくつる植物です。
小山内裏公園200725ウバユリ (1).jpg ウバユリの花 園内では九反甫谷戸に群生していて、昨年は300株余りありました。花期は短く、7月下旬に集中的に咲きます。

ページの先頭へ戻る