お知らせ

2020年7月 5日

7月上旬の昆虫 ~7月5日版~

梅雨も後半に入り、ニイニイゼミやヒグラシが鳴き始めました。

アブラゼミやミンミンゼミは例年なら7月後半から鳴き始めるでしょう。

この日はクズの葉やつるの上で見つかった昆虫を中心に、7月初めの草地ややぶなどで見られる昆虫をいくつか紹介します。
小山内裏公園200705ナナフシモドキ.jpg ナナフシモドキ 木の枝そっくりな姿をしていて、風でゆれるようにからだを揺する仕草をするため見つけにくいです。通常メスだけしかおらず、交尾せずに産卵して子孫を残します。
小山内裏公園200705ヤブキリ.jpg ヤブキリ キリギリスの仲間で、オスは昼夜どちらにもチリチリ…と鳴きます。成虫は他の昆虫を捕食するハンターです。写真はメスで、おしりの先に長い産卵管があります。
小山内裏公園200705ホシハラビロヘリカメムシ.jpg ホシハラビロヘリカメムシ クズの葉の上でよく見つかります。背中に小さな一対の黒点があります。さわると臭いにおいを出します。
小山内裏公園200705マルカメムシ.jpg マルカメムシ クズのつるの上でよく見つかります。緑褐色で丸みのある体形が特徴で、さわると臭いにおいを出します。多数が集合していることが多いです。
小山内裏公園200705ハラビロカマキリ幼虫.jpg ハラビロカマキリの幼虫 成虫は8月下旬~11月頃に木の上などで見られます。幼虫は成虫に似た形ですがはねがなく、おしりの先が上を向いているのが特徴です。この写真は、クズの葉の上でハエを捕食しているところです。

ページの先頭へ戻る