お知らせ

2020年7月 5日

7月上旬の植物いろいろ ~7月5日版~

今日も昼前から雨が降る梅雨らしい空模様となりましたが、咲いている花はだんだん入れ替わっており、季節は少しずつ進んでいます。

ホタルブクロ、ムラサキシキブ、ネジバナ、ドクダミ、アカメガシワ、オカトラノオなどは花期が終わりに近づき、今はヤブカンゾウやチダケサシが見ごろです。

ヤマユリも咲き始めました。
小山内裏公園200705ヤブカンゾウ (1).jpg ヤブカンゾウの花 草丈50~80cm程度でオレンジ色の八重咲きの花が特徴です。草丈を低めに管理している明るい土手や草原でよく見られ、花期は7月上・中旬頃です。
小山内裏公園200705チダケサシ (1).JPG チダケサシの花 わずかにピンクがかったクリーム色の花穂が6月末~7月前半頃に見られます。園内では里山広場から尾根緑道に向かう階段横に群生しています。
小山内裏公園200705リョウブ (1).jpg リョウブの花 明るい雑木林のへりなどで見られる落葉小高木で、6月下旬~7月中旬頃クリーム色の花が穂になって咲きます。花にはハチやチョウなどがよく飛来します。
小山内裏公園200705イヌザクラの実 (1).JPG イヌザクラの実 花は4月末~5月上旬頃咲き、今頃の季節に実が赤く熟します。熟した実は様々な野鳥が好んで食べます。
小山内裏公園200705ヤマユリ (2).JPG ヤマユリの花 明るい雑木林や土手に自生します。九反甫谷戸入り口付近のこの株は毎年園内でも最初に咲きますが、園内の他のヤマユリの株は7月中・下旬頃が見ごろです。

ページの先頭へ戻る