お知らせ

2020年6月 6日

6月1週目の花いろいろ ~6月6日版~

緊急事態宣言は解除されたものの、東京都では新型コロナウィルス感染者が再び増加の兆候もあって東京アラートが発せられ、まだまだ注意が必要な事態が続いています。

6月の花の開花は例年よりやや遅めになっています。

今回紹介したものの他にも、キンシバイやビヨウヤナギ、ヤマボウシなどの花が見ごろになっています。
小山内裏公園200606アジサイ (1).JPG アジサイ 園内では尾根緑道沿いや里山広場周辺、各所の園路沿いなどに植栽されています。ガクアジサイやヤマアジサイなどの野生種から様々な品種が出来ています。
小山内裏公園200606カシワバアジサイ (1).JPG カシワバアジサイ 葉がカシワの葉に似ていることと、細長い穂のような花序が特徴です。園内ではパークセンター前のケヤキの木の前に植栽されています。
小山内裏公園200606コアジサイ (1).JPG コアジサイ 大きな装飾花がないのが特徴で、他のアジサイ類より早く5月下旬~6月上旬に見られます。園内ではサンクチュアリ内にしかありません。
小山内裏公園200606イチヤクソウ (1).JPG イチヤクソウ 雑木林の下に生え、下向きの白い花が6月に咲きます。葉は暗い緑色でつやがあり、裏は暗赤褐色です。園内では鮎道沿いなどで見られますが少ないです。
小山内裏公園200606ホタルブクロ (1).JPG ホタルブクロ 明るい雑木林の下や園路沿いなどで見られ、6月~7月上旬頃にピンク色~赤紫色の袋状の花が咲きます。

ページの先頭へ戻る