お知らせ

2020年4月 5日

アケビの仲間と白いスミレの仲間 ~4月5日版~

4月上旬の今頃は、つる植物のアケビの仲間とスミレの仲間の花の季節です。

園内には小葉が3枚で縁が波打っているミツバアケビがあります。

野生のスミレはアオイスミレが終わり、ヒメスミレも間もなく終わりそうです。

今は今回紹介する3種の他、タチツボスミレとノジスミレと外来種のアメリカスミレサイシンなども見られます。
小山内裏公園200405アケビ (1).JPG アケビ 落葉性のつる植物で、5枚の小葉は縁が波打たず丸いです。画像中央の大きな花が雌花で、背後の小さめなのが雄花です。花期は4月頃です。
小山内裏公園200405ミツバアケビ (1).jpg ミツバアケビ 落葉性のつる植物で、3枚の小葉は縁が波打っています。画像中央の大きな方の花が雌花、背後のブドウの房状の方が雄花です。花期は4月頃です。
小山内裏公園200405ツボスミレ (1).jpg ツボスミレ 湿った土地に生え、しばしば群生します。花は小さめで白く、唇弁(下向きの花弁)に紫色のすじがあります。花期は4月~5月初め頃です。
小山内裏公園200405マルバスミレ (1).jpg マルバスミレ 雑木林のへりなどで見られます。葉は丸みを帯び、花もスミレとしては大きめです。花期は4月頃です。園内では主にサンクチュアリで見られます。
小山内裏公園200405アリアケスミレ (1).jpg アリアケスミレ 園路脇などのやや人工的な環境に多いスミレです。花は白く紫色のすじがよく入っています。葉が細長くつやがあるのが特徴です。花期は4月~5月初め頃です。

ページの先頭へ戻る