お知らせ

2019年9月23日

9月下旬の昆虫いろいろ ~9月23日版~

暑い日と涼しい日が周期的に訪れるようになり、セミや一部のトンボ以外は秋の昆虫が目立つようになりました。

草原には様々なバッタが見られ、成虫で越冬するツチイナゴやクビキリギスなどを除いて、ほぼ出そろいました。

カマキリは3種類見られ、みな成虫になっていますが、卵はまだ産み始めていません。
小山内裏公園190923ウラナミシジミ (4).jpg ウラナミシジミ 毎年秋に見られる小さなチョウで、はねの内側が薄紫色、外側は波を打っているような模様です。幼虫はマメ科植物を食べます。
小山内裏公園190923カネタタキ♂.jpg カネタタキ 植え込みや木の幹、枝などで見られる他、建物の外壁にもよくいるコオロギに近い仲間の小さな昆虫です。オスはチン、チン、チン…などと鳴きます。
小山内裏公園190923ネキトンボ (2).jpg ネキトンボ はねの付け根付近が赤く、オスは成熟すると頭からおしりの先まで赤くなります。園内ではやや少なく、バックヤード裏のビオトープの池などで少し見られます。
小山内裏公園190923リスアカネ.jpg リスアカネ はねの先端が黒っぽい赤トンボの仲間で、オスは成熟すると腹部だけ赤くなります。園地南東側の調整池付近でよく見られます。
小山内裏公園190923アキアカネ (3).jpg アキアカネ 園内で最も多い赤トンボの一種で、梅雨の後半頃に成虫になった後、涼しい高原地帯に移動し秋に再び戻ってきます。はねは透明でオスは成熟すると背面のみ赤くなります。

ページの先頭へ戻る