お知らせ

2019年8月24日

8月4週目の植物 ~8月24日版~

8月下旬の花を紹介します。つる植物の花が多い季節になり、今回紹介する以外にもヘクソカズラ、トキリマメ、コバノカモメヅル、クズなどの花も見られます。

雑木林ではクサギの花も咲いています。

花壇ではキバナコスモスが見ごろになり、花にはクマバチやナミルリモンハナバチ、ツマグロヒョウモンなどの昆虫が飛来しています。
小山内裏公園190824カワラケツメイ (1).jpg カワラケツメイ 東京都のレッドデータブックの南多摩のエリアでVU(絶滅危惧Ⅱ類)に指定されています。園内では南東側に自生地があり、囲って保護しています。
小山内裏公園190824ダイコンソウ (1).jpg ダイコンソウ 林のへりに近い草地に生え、黄色い花が咲きます。園地の南東側に点々と自生しています。7月の草刈の後に再生して今頃咲いています。
小山内裏公園190824タマアジサイ (1).JPG タマアジサイ つぼみが丸いためこの名があります。アジサイの仲間では花期が遅く8月中旬~9月初め頃です。園内では九反甫谷戸で見られます。
小山内裏公園190824ガガイモ (1).jpg ガガイモ 明るい場所に生えるつる植物で、園内各所に少しずつ点在しています。晩夏に淡いピンク色の花が咲きます。
小山内裏公園190824センニンソウ (1).jpg センニンソウ 園内各所に生えているつる植物で、晩夏に白い花が咲きます。花が終わると秋に白い綿毛が出来、これを仙人のひげに見立ててこの名があります。

ページの先頭へ戻る