お知らせ

2019年8月10日

8月2週目の植物 ~8月10日版~

シュロソウが咲き始め、キツネノカミソリやクサギの花が見ごろになっています。

晩夏から初秋はつる植物の花が多い季節で、クズやトキリマメの花が咲き始めました。

夏から秋にかけての花期の長い花もいろいろあり、草地ではキツネノマゴやオトギリソウなどが咲いています。

雑木林では未熟な木の実もいろいろ見られます。
小山内裏公園190810トキリマメ (1).jpg トキリマメの花 明るい林のへりなどに自生するつる植物で、晩夏に黄色い花が咲きます。秋には赤い豆ざやに入った実が実り、熟すと中の黒い豆が見えるようになります。
小山内裏公園190810シュロソウ (2).JPG シュロソウの花 多摩丘陵のものはホソバシュロソウという変種です。明るい雑木林のへりに自生し、8月頃に暗赤色の星形の花が咲きます。
小山内裏公園190810クヌギ (1).jpg クヌギの未熟な実 雑木林に多い落葉高木で、春に咲いた雌花は1年半かけて成長し、翌年秋に丸いどんぐりが実ります。今の季節には未熟果の状態です。
小山内裏公園190810ハンショウヅル (2).jpg ハンショウヅルの未熟な綿毛 雑木林のへりなどに生えるつる植物で、5月初め頃に赤紫色の釣り鐘型の花が咲きます。花が終わるとこのような状態を経て綿毛が出来ます。
小山内裏公園190810ヤマホトトギス (1).jpg ヤマホトトギスの花 白地に赤紫色の斑点がある独特の形の花が8~9月に咲きます。花が終わると棒状の未熟果となり、その状態のものが画像右の方に写っています。

ページの先頭へ戻る