お知らせ

2019年8月10日

8月2週目の昆虫いろいろ ~8月10日版~

立秋を過ぎても連日猛暑が続き、園内の昆虫はまだ真夏のものが主体です。

林のセミや池の上のシオカラトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボの他、大きなオニヤンマも次第に目につくようになりました。

花壇にキバナコスモスの花が一面に咲き始め、ツマグロヒョウモンなどのチョウや各種のハチが飛来しています。
小山内裏公園190810アブラゼミ羽化直後.jpg 羽化して間もないアブラゼミ 成虫は茶色いはねが特徴ですが、羽化直後は真っ白で、その後少しずつ茶色くなります。オスはジージリジリ…と勢いよく鳴きます。
小山内裏公園190810カナブン、ヨツボシケシキスイ.jpg ヨツボシケシキスイ 黒地にオレンジ色の紋が4つある小さな甲虫です。他の強い昆虫の合間などで樹液を吸い、樹皮の下に隠れるのも得意です。
小山内裏公園190810アシグロツユムシ幼虫.jpg アシグロツユムシの幼虫 成虫は細身なキリギリスの仲間で、秋に見られます。脚が黒っぽいことからこの名があります。触角に白い点があります。
小山内裏公園190810クロコノマチョウ幼虫.jpg クロコノマチョウの幼虫 成虫は木の葉そっくりなチョウで、夏と秋の2回発生します。幼虫は頭が黒く尾が二股に分かれており、主にジュズダマの葉を食べますが、今回はヨシの葉にいました。
小山内裏公園190810ウスバカミキリ.jpg ウスバカミキリ 夏に見られる大きなカミキリムシで、南関東の雑木林では常連の昆虫です。主に夜樹液に飛来しますが、この日は昼間見つかりました。

ページの先頭へ戻る