お知らせ

2019年6月24日

6月4週目の昆虫など ~6月24日版~

今年の梅雨は今のところ順調に雨が降り、園内の水辺はどこもたっぷり水量があります。

サンクチュアリの池のキイトトンボは羽化期が始まったところで、オオシオカラトンボはそろそろ羽化期が終了です。

草原ではバッタやカマキリの幼虫や小さなクモが見られます。

カタツムリも湿気が多い今年は元気です。
小山内裏公園190624ミスジマイマイ.jpg ミスジマイマイ 雑木林の木の幹によくいる大きなカタツムシです。園内では普通に見られます。殻の黒褐色のすじが明瞭です。
小山内裏公園190624クロイロコウガイビル.jpg クロイロコウガイビル プラナリアに近い生きもので、血を吸うヒルの仲間ではありません。石の下などで見られ、ナメクジやカタツムリなどを食べる肉食性です。
小山内裏公園190624ササグモ.jpg ササグモ 草原に生息するクモで、網を張らずに徘徊しながら小さな昆虫などを捕食します。園内では普通に見られます。
小山内裏公園190624コシアキトンボ.jpg コシアキトンボ この日の朝までに羽化した個体で、脱いだヤゴの殻にとまっています。園内では大田切池で8月頃までよく見られます。
小山内裏公園190624キイトトンボ未熟個体 (3).jpg キイトトンボ 黄色く美しいイトトンボで、園内ではサンクチュアリ内で多産します。これから9月頃まで見られます。まだ羽化したてで色が薄い個体です。

ページの先頭へ戻る