お知らせ

2019年5月19日

5月3週目の花いろいろ ~5月19日版~

初夏の花は平年並みかやや遅いペースで咲いています。

ホオノキやミヤマナルコユリの花がまだ残っている一方、エゴノキやスイカズラの花が見ごろになっています。

フタリシズカはそろそろ終わり、植栽したハコネウツギやヤマボウシ、雑木林のイボタノキなどは咲き初め、ナルコユリやサイハイランはまもなく咲くと思われます。
小山内裏公園190519ヤセウツボ (1).jpg ヤセウツボ アカツメクサの根に寄生し、自分では光合成をしません。花期は5月上・中旬頃で、そろそろ終了です。地中海沿岸原産です。
小山内裏公園190519アカツメクサ (1).jpg アカツメクサ 明るく草丈の低い草原に生えます。花期は長く、春~秋にかけて続きます。モンキチョウなどのチョウやハチなどが蜜を吸いに訪れます。
小山内裏公園190519スイカズラ (1).JPG スイカズラ 茎が木質化したつる植物で、5月後半から6月前半頃に甘い香りの花が咲きます。花は初め白く、後にクリーム色になります。
小山内裏公園190519マユミ (1).JPG マユミ 園内の雑木林に自生する他、植栽もされている落葉低木~小高木で、5月中頃に白い花が咲きます。秋に赤い実がなります。
小山内裏公園190519エゴノキ (1).JPG エゴノキ 雑木林に広く自生するとともに、植栽もされています。5月後半頃に白い花が下向きに咲きます。マルハナバチ類などがよく蜜を吸いに訪れます。

ページの先頭へ戻る