お知らせ

2019年4月 1日

4月初めのスミレと桜の花 ~4月1日版~

野生のスミレでは、今回紹介した他にアオイスミレは終わり、ツボスミレとアリアケスミレの見ごろは少し先になりそうです。

早咲きのヤブザクラが散り初め、タマノホシザクラの花もこれから散り始めそうです。

ヤマザクラやソメイヨシノ、オオシマザクラは見ごろ、八重咲品種やウワミズザクラ、イヌザクラはまだ咲いていません。
小山内裏公園190401タチツボスミレ (1).jpg タチツボスミレ 園内の野生スミレで最も普通に見られます。花は薄紫色で葉はハート形、托葉(たくよう)という葉の柄のつけ根にある小さな葉がくしひげ状になっています。
小山内裏公園190401ノジスミレ (1).jpg ノジスミレ 明るい土手や畑の横など農村的な場所でよく見られます。葉はやや細長く、花はすすけた紫色のスミレです。
小山内裏公園190401オオシマザクラ (1).JPG オオシマザクラ 白くて大きめな花と同時に緑色の若葉が展開します。葉は香りがあり、桜餅の原材料に使われます。園内では東側に多少あります。
小山内裏公園190401ソメイヨシノ (1).jpg ソメイヨシノ 淡いピンク色の花が散り始める頃に緑色の若葉が展開します。園内では少ないですが、京王バスの営業所の向かいの園路沿いなどで見られます。
小山内裏公園190401ヤマザクラ (4).jpg ヤマザクラ 淡いピンク色の花と同時に赤茶色の若葉が展開します。雑木林に自生する他、尾根緑道沿いに多数植栽されています。

ページの先頭へ戻る