お知らせ

2019年1月 5日

1月初めの植物 ~1月5日版~

冬は花が少ない季節ですが、サザンカやツバキが晩秋から春まで咲いています。

ウグイスカグラは個体差が大きく、12月から咲いているものや2月末から咲くものまであります。

パークセンター近くのソシンロウバイも咲き始めました。こちらは3月初め頃まで見られますが、よい香りがするのは2月初め頃までです。
小山内裏公園190105サザンカ.jpg サザンカ 3月頃まで咲き、園内では濃いピンク色か白の花のものが植栽されています。ツバキに似ていますが、花弁がばらばらに散ります(右)。
小山内裏公園190105ツバキ.jpg ツバキ 4月初めまで咲きます。サザンカに似ていますが散る時は花ごと落ちます(右)。園内では赤~濃いピンク色のものが植栽されており、野生のヤブツバキもあります。
小山内裏公園190105ソシンロウバイ (1).jpg ソシンロウバイ 今頃から3月初め頃に香りのよい黄色い花が咲きます。梅とは類縁関係はありません。パークセンター近くに植栽されています。
小山内裏公園190105テイカカズラの種.jpg テイカカズラの種 雑木林に自生する常緑の木性つる植物で、香りのよい白い花が初夏に咲きます。晩秋に毛足の長い綿毛のついた種が風で飛ばされていきます。
小山内裏公園190105ウグイスカグラ (1).jpg ウグイスカグラ 通常は2月頃から4月前半まで咲きますが、園内では駐車場奥の株だけ毎年早く咲きます。ピンク色で横から見るとラッパ型、前から見ると星型をしています。

ページの先頭へ戻る