お知らせ

2018年12月23日

木の冬芽いろいろ ~12月23日版~

大半の落葉樹は葉が落ちたため、来春に芽吹くための冬芽の様子が見えやすくなりました。

冬芽は木の種類や花芽・葉芽などの部位によって違っています。

葉の落ちた跡は動物の顔のように見えることがあり、目や口のように並んでいるのは、根や葉から木の各場所に水や養分を運ぶ管の跡です。

冬芽は常緑樹にもついています。
小山内裏公園181223ミズキ冬芽 (1).jpg ミズキ 雑木林に自生する落葉高木で、赤褐色の大きな芽が枝先につきます。幹から出る大きな枝からは小枝が必ず斜め上向きにつくのも特徴です。
小山内裏公園181223クマノミズキ冬芽 (1).jpg クマノミズキ 葉や花はミズキに少し似ていますが、冬芽は細く、若枝には稜があります。葉は対生につき、幹から出る大枝から出る枝は上向きでないこともあります。
小山内裏公園181223コブシ冬芽 (1).jpg コブシ 雑木林に自生する他植栽もされている落葉高木で、冬芽は毛深いです。写真手前の大きな芽は花芽(葉との混芽)で、奥側の小さな芽は葉芽です。
小山内裏公園181223ホオノキ冬芽 (1).jpg ホオノキ 大きな葉と花が特徴の落葉高木で、雑木林に自生する他に植栽もされています。冬芽も大きく、枝先に一つつきます。
小山内裏公園181223クマシデ冬芽 (1).jpg クマシデ 雑木林に自生する落葉高木で、黄色く染まった葉がまだついていました。冬芽は細長く、芽鱗(がりん)という皮に包まれています。

ページの先頭へ戻る