お知らせ

2018年12月 1日

12月初めの紅・黄葉いろいろ ~12月1日版~

園内の紅葉シーズンは終盤を迎えましたが、イロハモミジ、クヌギ、コナラ、などはまだ美しいです。

ヤマグワ、メタセコイア、ダンコウバイなども見ごろとなっています。来週は落ち葉がたくさん落ちていると思われます。

落ちたばかりの落ち葉はまだ色がきれいなものが多く、一面に敷き詰められたもみじもまた一興です。
小山内裏公園181201イヌザンショウ (1).jpg イヌザンショウ 雑木林に自生する落葉低木で、園内では南広場南東側の斜面などで見られます。幹のとげは互い違いに生え、葉は黄色く染まります。
小山内裏公園181201カラスザンショウ (1).jpg カラスザンショウ 雑木林に自生する落葉高木で、幹のとげはランダムに生えています。葉は黄色く色づきます。アゲハチョウ類の幼虫が葉を食べます。
小山内裏公園181201ダンコウバイ (1).jpg ダンコウバイ 雑木林に自生する落葉小高木で、葉は黄色く染まります。枝や葉は千切れるとよい香りがします。葉に独特の切れ込みがあります。
小山内裏公園181201ヤマグワ (1).jpg ヤマグワ 雑木林に自生する雌雄異株の落葉高木で、園内にたくさん生えています。葉は黄色く黄葉します。雌株には初夏に実がなり、赤黒く熟します。
小山内裏公園181201メタセコイア (2).jpg メタセコイア 落葉針葉樹で、園内ではバーベキュー広場と芝生広場で見られます。オレンジ色と明るい茶色の間くらいの色合いに染まります。

ページの先頭へ戻る